注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就職氷河期到来の予兆?【ANA】【スカイマーク】【JAL】21年度採用中断・中止を就活目線で紹介!【The就活脳】時事ニュースを就活に役立てる Thema1

リーマンショックの就職氷河期の就活経験を綴っています、就職氷河期第7世代の僕です。

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今回から不定期で、一個人の考え方として”時事就活”対策として、【The就活脳】を配信していきます。

就活に欠かせない面接やグループディスカッションに向けて、物事を幅広い視野で捉えて、思考力を身につけておく一助になればと思います。

世の中には、ニュースや情報が溢れています。

少し就活の観点で参考になりそうなニュースや情報を取り上げていきますね。

ゆる〜く不定期で配信しますので、時間がある時や就活で疲れた時に見てくださいね。

Thema1 ”ANA 21年度採用一時中断”

今回のテーマは、『ANA 21年度採用一時中断』です。

これは単に『ANAの採用者。辛いよね。』『ANAはヤバイ』という事ではないので、今回取り上げていきます。

就活生は、世の中の『ニュース』『情報』を見た時に『なぜ?』という事を繰り返しましょう。

その考え方は、間違いなく社会人で役立ちます。

答えがない課題や問題を解決していく社会人の仕事では、本当に重要なってきます。

その様な考え方でゆる〜く進めていきますね。

なぜ?①『ANAは21卒採用を一時中断したの?』

まずは可能性を予測しましょう。

  • 業績悪化
  • 先行きが見えない
  • 人手が足りている
  • 人財育成する気がない   などなど

グループディスカッションの意見出して重要なのは、『自分の意見』だけではなく、『あらゆる可能性の創出』という場合もありますからね。

ある事実から要因となり得る可能性を出し合います。

脱線しましたね。

こんな感じで進めます。

では、考えられる要因の根拠となる事実を探していきましょう。

多分、業績悪化だろうなーって事は容易に想像できますので、事実を見ていきましょう。

ANAホールディングスは、本日、最近の業績動向等を踏まえ、2019年10月29日に公表した2020年3月期(2019年4月1日~2020年3月31日)の通期連結業績予想を修正することとしました。詳細につきましては、別添をご参照ください。

ANA企業ホームページより

2020年4月20日付のプレスリリースで事実として、企業側が説明していますね。

企業分析では、この辺りもチェックしていきましょうね。

しっかり事実確認したい人は、下記リンク貼っておきますね。

ANA HOLDING NEWS

なぜ?②『ANAの業績悪化の要因は?』

そしたら、ANAが業績悪化した要因を予測しましょう。

  • 新型コロナウイルスの影響

時期的にも、航空業的にも間違いないでしょうね。

でも本当か?という観点は忘れずに。

可能性が高いという事です。

そして、ここでやっぱりコロナの影響か!で終わっては、もったいないですよ。

なぜ?③『ANAの業績悪化に対して新型コロナウイルスが悪影響となる要因は?』

  • 飛行機の利用客の減少
  • 資産価値の減少

大きくパッと思いつくのはこれくらいでした。

まぁ想定できますよね。

少し細かくみていきましょう。

飛行機の利用客の減少

  • 海外旅行客の減少
  • 国内旅行客の減少
  • 海外からの旅行客の減少

まずは、イメージしやすい旅行客の減少ですね。

しかしながら、ここで分かる通り旅行客でも様々なパターンがありますね。

日本から海外・国内旅行に旅行者が減少、そして海外から日本への旅行者が減少しますね。

旅行者を一括りにしない事は重要です。  

  • 海外出張の減少

もうひとつは、海外出張におけるビジネスマンの利用客の減少ですね。

飛行機の利用客を少しだけ細かく見るだけでも、多くのことがわかると思います。

資産価値の減少

多くの大手企業は、会社のお金を資産として持っている事があります。

コロナウイルスの影響で、その資産自体が減少していますね。

原油価格は安くなっているのに

原油価格は、コロナウイルスの影響で下落しています。

これは、簡単に言うと原油の消費が極めて少なくなり、原油を貯蔵する事が難しくなっているからですね。

原油の需要がないと言うことです。

一般的には、原油価格が下がると飛行機の燃料が安くなりますので、航空業界は潤います。

しかし、今回の原油価格の下落は、それに値しないですね。

もともとその飛行機の利用客がいないわけですからね。

なぜ?④『ANAの業績悪化に対して新型コロナウイルスが悪影響となる最も大きな要因は?』

コロナウイルスの影響とまとめていたことが、様々な要因を考えることでは見えてきました。

では、『ANAの業績悪化に対して新型コロナウイルスが悪影響となる最も大きな要因をみていきましょう。

それには、ANAがどの利用客から大きく収益を得ているか。を知ることが重要です。

ANAの中期計画や主要事業から見てみます。

引用元:ANA成長する5つのコア事業

これから推察すると、近年ANAは国際線事業を拡大していく戦略になります。

そして、今回その国際線はもとより国内線の利用率も新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた形です。

全体収益の約5割が一時的とはいえ打撃を受けることになります。

その結果が、ANAが当初4月に予定していた欧州航空機大手エアバスの超大型機A380の3号機導入を半年ほど延期するというものです。

新型コロナウイルスの感染拡大で、投入する予定だったハワイ路線の運休が続いているので、巨額の投資を中断しています。

これも、掘り下げるとアメリカの渡航禁止等多くの国際状況が関わってきますね。

また、国内、国際線ともに、ビジネスライン【ビジネスマンの出張】も難しい状況です。

ビジネスラインは、ANAだけでなく航空業界の収益に欠かせないことはよく知るところですね。

テレワークにより、海外出張はもとより国内出張もなくなりましたから、打撃は避けられないでしょう。

このことから、ANAの業績悪化に対して新型コロナウイルスが悪影響を与える最も大きな要因は、国際線【ハワイ線】、ビジネスラインの利用者減少かなぁ。と素人ながらに推察していきます。

企業分析はこのような感じで、時事ニュースから興味を持って進めていけば、楽しいですよ。

真剣に企業を絞る場合は、もっと深くみていきます。

でも、パッと思いつく事をニュースを見ながら整理していく癖をつけておきましょう。

この状況から果たして好転する?

投資家のバフェット氏が航空株の全てを売却したと報じられましたね。

これは、航空業界が元の状態に戻ることは極めて難しいのか?と思ってしまいます。

今ここで言えるのは、どうなるかわからないと言うことですね。

つまり、先行きが見えないわけです。

そうなると『新卒採用』は未来への投資ですから、中断するのは理解できますね。

おそらく、新型コロナによって、業績悪化も1つの採用中断の材料ではあったと思います。

しかし、もっと大きいのは『先行きが全く読めない』からかもしれませんね。 

この先行きとは、新型コロナウイルスがいつまで猛威をふるって、いつ収束するのかわからないということに加えて、この航空業界が元どおりに復活するか読めないということですね。

スカイマーク21年度卒採用中止【2020.5.18更新】

やはり、読めませんでした。

流石に、航空業界は、今後も厳しくなると思います。

スカイマーク(SKY/BC)も、2021年度入社の新入社員採用を見送ること決めました。

少し追記しておきます。

2021年度入社員採用見送りの職種一覧
  • 自社養成パイロット
  • 客室乗務員【CA】
  • 事務系
  • 技術系
  • ITスタッフ

上記の5つの職種を、正社員で募集していましたが、今回の新型コロナの影響により、見送ると決めています。

つまり、中止ですね。

加えて、スカイマークは今回の新型コロナの影響を受けて、本年に計画していた東証への上場申請を4月に取り下げています。

つまり、相当厳しい状況だということはお察しいただけるかと思います。

日本航空《JAL》21年度採用中断【2020.05.28更新】

日本航空《JAL》は、2021年度入社の新入社員採用を中断すると発表しましたね。

この流れは、想定されていましたね。

グループ各社の内定者約150人は内定はそのまま雇用するという事ですね。

よかったです。

また、下記の職種は継続的に採用継続予定です。

  • 企画職の障がい者
  • 自社養成パイロット訓練生

逆に、中止する職種は、こちらですね。

  • 業務企画職事務 40人程度
  • 業務企画職技術 50人程度
  • 業務企画職IT 20人程度
  • 客室乗務員【CA】 400人

約500名の21年度新卒採用が中断されることになりそうです。

また、各グループ会社も中断するようですね。

20年度は、グループ会社だけで2315人が入社していますので、3000名規模の雇用が中断してしまうことになりそうです。

新型コロナウイルスの影響を受ける業界は?

このANAの採用中断は、テーマに取り上げたにすぎません。

このように、日本の東証1部上場企業はをみても、業績は非常に悪いともいえます。

しかしながら、直接影響のある企業、業界や間接的に影響がある企業、業界などによって差があると思います。

また、もう一つ注意してみてほしいポイントは、新型コロナウイルスの影響を受けていても、『先行き』は明るいのか?見えないのか?を判断してみてください。

しっかり、あなたの志望企業は今回のように見直しながら、企業分析を見直してみてください。

伝えたい事は、それだけだったのかもしれませんね。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらFollowしよう
NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG