注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就職氷河期世代の人生を変える!あなたの将来に役立つ業界分析の3つのステップ〜将来、業界は変え難い〜

『業界分析』や『業界研究』は大事だとはよく聞くけど身近に感じない人が多いと聞きます。

そもそもあなたの就職したい会社は、いずれかの業界で企業活動を行っています。

今回は、あなたの将来やキャリアを考える上で大切な『業界分析』について具体的に紹介します。

業界分析はこのように人にお勧め

  • 自己分析であなたの強みがわかった方
  • 自己分析であなたの携わりたい事が明確な方
  • あなたの携わりたい事から就職したい会社を探したい方
  • 色々な業界に興味がある方

業界分析をお勧めする方は、以前から紹介している『自己分析』で『強み』や『携わりたい事』が明確になっている方です。

特に、その中でも『就職したい企業』が明確というより、『携わる事業』に興味がある方は是非業界分析から始めましょう。

『企業』に囚われず、『携わりたい事』をやっていきたい人にはお勧めの分析です。

また、『企業分析』を進めている方で『あなたの就職したい会社』が見えている人は、その会社で『どのような業種に携わる事になるか』を真剣に考える事ができますので、参考にしてください。

本当に大事なのでパターンをまとめておきます。

  • 業界分析からはじめる人
  • 企業分析の後、業界分析をはじめる人

業界分析からはじめ

自己分析であなたの『携わりたい事』が明確になっており、『企業』と言うより『事業内容』が気になる方にお勧めです。

『会社名』は、あまり知らないなと思っていても、業界から入る事で『携わりたい事』と『行きたい会社』が明確になります。

たくさんある『企業』の中からいきなりいくつかの企業を選ぶのは難しいという人は、是非業界分析からはじめてみましょう。

企業分析の後職種分析をはじめる

企業分析で『行きたい会社』があり、その会社で『どのような業種に携わりたいか』をより具体的に考えるきっかけが業界分析になります。

企業分析で『行きたい会社』を特定できている人は、業界分析を行う事でより具体的な志望動機を構築できます。

特に、なぜその企業じゃないといけないのかと言う問いに答えられるようになります。

業界分析について

業界分析はコツを掴むと楽しいですよ。

その業界の利益構造の仕組みを理解すると書類選考や面接で役に立つ事、『間違い無し!』です。

業界分析の重要性

世の中には、本当に多くの会社がありますが、その多くは何かしらの『業界』の中で企業活動をしています。

基本的に、多くの人は大手企業のテレビCMなどでみられるような漠然としたイメージしか持っていません。

まずは、世の中にどんな業界があるのか調べることからはじめていきましょう。

世の中は、誰かの仕事で回っています。

あなたが各業界を知ることは本当に重要です。

例えば、メーカーといっても、医薬品系、機械、金属、自動車、繊維など多岐に渡ります。

また、その業界ごとに特徴があり、市場規模や今後の成長性など就職した後も役立つ情報が沢山あります。

また、あなたが就職したい企業の業界を詳しく知ることは特に大切です。

しかし、他の業界を知らないことだけの事であなたの可能性や企業の選択肢を狭めてしまう事だけはやめましょう。

業界分析をする事でより幅広く情報を収集し、あなたが就職した後に幸せに仕事ができることが最も大切です。

業界研究の目的

  • あなたが携わりたい業界を明確にする
  • あなたが就職したい企業の業界を詳しく知る
  • あなたが携わりたい業界から企業を探す

あなたが今後の人生で携わりたいと思う業界を明確にしましょう。

これは、あなたが考えている以上に大切な事です。

今は、転職も盛んに行われています。

筆者も転職経験者です。なので、ここは個人的なアドバイスになりますが、転職時に『あなたの業界』は変えにくいです。

転職については、今は触れませんが、転職する時に同じ業界は転職しやすいです。

また、給与水準も格段に保ちやすくなります。

むしろ待遇はアップが望めます。

しかし、『他業界』への転職は、待遇維持もしくは待遇ダウンもでてきます。

この業界分析は、今の就活だけではなく、あなたの今後の人生でも大切なことであると認識して取り組みましょう。

新卒就活生の業界分析は、就職活動の肝だと思ってください。

業界一覧

  • 製造
  • 小売
  • 商社
  • サービス
  • 金融
  • マスコミ・メディア
  • ソフトウェア・通信・IT
  • 官公庁・公社・団体

大きく分けると8つの業界に分けて考える事ができます。

では、それぞれの業界の特徴を見ていきましょう。

製造業・製造販売業(メーカー)

特徴は、『物を作る』産業であることです。

製造業とは、原材料などを加工することで製品を開発・生産し、世の中に提供する業界です。

主に、「耐久消費財メーカー」「生活用品メーカー」「原料・部品メーカー」「機器・機械メーカー」などのさまざまなメーカーと呼ばれる製造業が存在しています。

製造業詳細

食品・農林・水産 ・建設・住宅・インテリア ・繊維・化学・薬品・化粧品 ・自動車・輸送用機器 ・精密・医療機器 ・印刷・事務機器関連・スポーツ・玩具・鉄鋼・金属・鉱業 ・機械・プラント ・電子・電気機器 ・その他メーカー

小売

特徴は、『物を消費者に売る』産業であることです。

小売業は、製造業者や卸売業者から仕入れた製品を、消費者に販売する事業です。

主に「百貨店」、「スーパーマーケット」、「コンビニエンスストア」「専門店」などがあります。

小売業詳細

百貨店・スーパー ・コンビニ ・専門店

商社

特徴は、『物を動かして利益を得る』産業であることです。

商社は、輸出入貿易で製造業者から仕入れた商品を小売店などに販売し、その仲介料等で収益を上げる業界です。

主に、「総合商社」「専門商社」の2つがあります。

商社の詳細

総合商社 ・専門商社

サービス業

特徴は、『かたちのないものを売る』産業であることです。

サービス業は、個人や企業が求めているサービスを提供することでそのサービスへの対価を得て収益を上げます。

主に、「BtoCサービス(個人にサービスを提供する)」「BtoBサービス(企業にサービスを提供する)」「BtoBtoCサービス(個人と企業にサービスを提供する)」などの多岐にわたるサービスが存在します。

最近では、現代のニーズに合わせたサービスの出現が目覚ましく、時代・世代のニーズや動向を捉えることがサービス業には重要となっています。

サービス業の詳細

不動産 ・フードサービス・ホテル・旅行・医療・福祉 ・アミューズメント・レジャー・鉄道・航空・運輸・物流 ・電力・ガス・エネルギー ・その他サービス ・コンサルティング・調査 ・人材サービス ・教育

金融業

特徴は、『お金を動かして利益を得る』産業であることです。

金融は、多くの業界と密接な関わりを持ちながら経済を支えるもしくは回す仕事です。

主に、「銀行」「証券」「保険」などがあります。

金融業の詳細

銀行・証券 ・生命保険・損害保険・クレジット関連・信販・リース ・その他金融

マスコミ・メディア

特徴は、『情報を多くの人に配信して広告等で利益を得る』産業であることです。

マスコミとは、世の中に存在するありとあらゆる情報をより多くの人に伝える事業です。

主に、「放送」「出版」「広告」などがあります。

マスコミの詳細

放送 ・新聞 ・出版 ・広告

IT・ソフトウェア・通信

特徴は、『情報に付加価値をつけて売る』産業であることです。

ソフトウエア・通信は、情報の伝達や処理・加工に関わるサービスを提供し事業を行います。

主に、「ソフトウエア」「インターネット」「通信」などがあ、プログラミング等の専門知識が問われる場合が多いことが特徴です。

ソフトウェア関連の詳細

ソフトウエア ・インターネット ・通信

官公庁・公社団体

特徴は、『国と地方公共団体の役所』であることです。

公社・団体とは、地方公共団体や学校、病院など世の中で民間企業ではできない公的な事業を行うための団体です。

官公庁とは、国と地方の役所です。

また、中央省庁や裁判所、国会、日本銀行などを含みます。

官公庁等の詳細

公社・団体 ・官公庁

業界分析の効率的な3つのステップ

  1. 業界を知ろう
  2. あなたの能力や個性を活かせる業界に絞り、分析する
  3. あなたの絞った業界から企業をみてみよう

3つの手順で業界分析を進めていきましょう。

まずは、業界を知ろう

世の中にある企業は、本当に多くの多種多様なビジネスモデルや収益構造を持っています。

そのため、ひとつひとつ全体像を捉えるのは時間がいくらあっても足りません。

しかしながら、大きな8つの分類である業界からを知ることで、社会の中の業界を理解することができ、効率的にあなたのよりよい会社選択を進められます。

そのためにも、業界を知ってほしいです。

とは言っても、『何を調べたらいいかわからない』と思います。

調べるポイントをみていきましょう。

これだけは調べておこう【3つ】

  • 業界毎の特徴、性質
  • 業界毎の収益メカニズム、収益構造
  • 業界の市場(成長性・安定性)

この3つを知る事で大まかな業界調査はできるかと思います。

必ずおさえておきましょう。ここまでは、自己分析と並行して進める事が可能ですので、隙間時間にやっておきましょう。

業界毎の特徴や性質を理解する

業界毎に特徴や性質を理解しましょう。

業界が取り扱う製品やサービス、顧客の形態【「B to B」や「B to C」】などを知ることは業界を理解する上で必須の項目です。

面接等では、業界の特徴や扱うサービスの形態なども間接的に質問される場合があります。

その間接的な質問の意図がわからなければ、面接で失敗します。

面接官もまた業界人ですよ。面接官の考えている事を知りたければ、その業界の事を理解しましょう。

業界毎の収益メカニズムや収益構造を理解する

企業は、存続と成長を日々目指しています。

そのためには、収益が大切です。

業界の収益メカニズムを理解する事で、結果的に各企業の収益の上げ方が見えやすくなります。

同じ業界でも違う収益の上げ方やノウハウがあれば、それはその企業独自の強みになります。

また、違う収益メカニズムにチャレンジしていたりするとそれもまた企業独自の取り組みになっているはずです。

企業の目的の一つに収益があるのは忘れてはいけません。

あなたの給与はその収益から捻出されるのですから。

業界全体の市場を知る

業界の市場は、すごく重要です。

例えば、業界の全体市場が1000億円であれば、その業界に属する企業の収益は1000億円の中から得る事になります。

事業の規模や将来性を見極めるのに役立ちます。

また、会社を選んで行く時も業界内のシェアや業界内の順位によって優先順位がつけやすいです。

もちろん、これからの市場拡大もありますので意識しておいてください。

あなたの能力や個性を活かせる業界に絞り、より深く知る

ここからは、自己分析の結果が必須です。

あなたの能力やスキルそして個性を活かせる業界を見極めていきます。

人それぞれですので、難しいと感じるかもしれませんが、自己分析がしっかりできている方はおそらく大丈夫です。

自己分析がまだの方はこちらから自己分析しましょう。

あなたの強みがその業界に役立つかを考えてください。

その業界で役立つのであれば、物凄い強みになります。

なぜなら、その業界で役立つという事は、『その業界に必要なスキルや能力を持っている』という事です。

つまり、会社が変わる事があっても『その業界で一生生きていける。』という事です。

是非、探してください。そうするとあなたがPRするべき強みや個性がより一層明確になる事『間違いなし!』です。

あなたの絞った業界から企業をみてみよう

あなたの能力やスキルが活かせそうな業界は見つかりましたか?

では、ここからは業界分析の最も重要な目的の1つである『業界の中の企業を探す』ことに進みましょう。

業界分析をしていくと、業界の事が少しづつわかりますね。

その業界には、多くの企業が存在します。

同じ業界なのになぜ沢山の企業があるのでしょうか?

企業は、それぞれ目指すビジョンや目的が同じに見えて違います。

その違いを探していきます。

見つける事ができれば、それは『その企業だけの志望動機』になります。

是非探してください。探す事ができたら、あなたの志望動機も完成に近づきます。

また、絶対に内定や入社に近づきます

さらには、入社後の活躍も視野に入ってくると思いますよ。

業界分析のやり方

  • 就職情報サイト
  • 本や雑誌
  • 新聞やニュース
  • 業界研究のセミナー
  • 企業説明会や合同説明会
  • OB訪問、OG訪問
  • 就活支援センター
  • 就職活動エージェント

業界分析の進める手順(ステップ)は紹介しました。

それでは、実際就活生はどうやって業界の事を調べるのでしょうか。

あなたも就活生が業界を調べるツールを理解して情報収集を行っていきましょう。

私もほぼ全てのツールを使って就活をしてきました。

色々なツールを使うことで広い視野で業界分析を行うことができます。

長くなってきたので、簡単に紹介しておきます。

就職情報サイト

就職情報サイトは、企業の採用情報はよく目にすると思います。

それに加えて、業界の詳細や業界セミナーなどのイベント情報など、就職活動で必要となるコンテンツが多く提供されています。

業界分析にも適しているため、就活を始める方に向いています。

就活では、必須なので登録しておきましょう。

リンク貼っておきますので、登録が済んでいない方はこちらからどうぞ。

本や雑誌

業界本や就職情報誌は、業界のことについて詳しく書かれています。

本当に就活には、書籍をお勧めします。

今まであなたの目に入らなかった業界を見つけることができます。

ネットで検索したり、就職サイトで十分と言う人もいるかも知れません。

しかし、ネットでは、どうしてもあなたの興味のある物を調べたり、クリックしたりしませんか?

もともと全体像が見えにくい業界分析にはどうしてもネットでは足りません。

書籍に目を通す事で知らない業界にも巡り会えます。

お勧めの書籍は、各書店の就職本コーナーやインターネットでの購入が可能です。

お勧めの書籍

日経業界地図 2020年版 [ 日本経済新聞社 ]

価格:1,320円
(2020/4/24 13:41時点)
感想(5件)

会社四季報業界地図 2020年版/東洋経済新報社【1000円以上送料無料】

価格:1,430円
(2020/4/24 13:45時点)
感想(0件)

個人的に他の人はあまり実践していない事だと思います。

差をつけるポイントだと思っています。

新聞やニュース

新聞やニュースでは業界に関わる最新情報を入手できます。

事業展開や業績の見通し、景気や円相場の変動の影響などを注意して見ることで各業界の動向を知ることができます。

社会情勢や時事については、一般常識として面接などで質問される場合もあります。役立ちますよ。

時事関連お勧め書籍

図解でわかる時事重要テーマ100 2021年度版 業界企業研究にも使える (日経就職シリーズ) [ 日経HR編集部 ]

価格:1,100円
(2020/4/24 13:53時点)
感想(0件)

業界研究のセミナー

業界研究のセミナー等では、実際に業界で働く方々からお話を聞くことができます。

あなたの将来のキャリア形成にも役立ちます。

機会があれば、トライしてみましょう。

企業説明会や合同説明会

企業説明会では、事業内容や業績、業界内での立ち位置を知ることができます。

また、企業の雰囲気や風土、そして実際の現場の様子を知ることができます。

何よりあなたの気になった事を直接質問をできることが大きなメリットです。

今では現地に行かなくても手軽に説明会に参加できるサービスもあります。(もちろん無料

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説

合同説明会に関しては、こちらをご覧ください。

OB訪問、OG訪問

OB訪問やOG訪問は、あなたが業界分析を行った上で行いましょう。

OB・OG訪問をより良い時間にするためには、できる限りの業界分析を十分に行い、訪問時に聞くことをリスト化し、まとめておきましょう。

相手は社会人です。貴重な時間を貰っていることを自覚して取り組みましょう。

就活支援センター

就職支援センターでは、就職活動のサポートを行いますよね。

あなたの大学などで学んだ事がどの業界に向いているのかなどを相談できます。

何より何千人と送り出している大学には、その情報が蓄積されています。

絶対に使わない手は無いですよ。

就職活動エージェント

業界の詳細情報をあなただけで調べるのはなかなか難しいです。

そんな時に役立つのが、就職エージェントですね。

キャリアアドバイザーが就活生と企業の間に入って就活サポートをするサービスです。

面談などを通じて業界の詳しい情報を知ることができます。

何より『就職活動のプロ』です。

アドバイザーに質問責めしていきましょう。

新卒採用サービス【digmee】

ただし、あなたの質問に直ぐに答えられないアドバイザーとは付き合わないようにしましょう。

業界分析で必ずおさえる3つのポイント

  • 自己分析で『あなたの携わりたい事』が明確である事
  • 様々なツールを用いて業界を知り、絞ること
  • 最終的にあなたの就職したい企業を見つけること

このポイントをおさえて、あなたの就職したい企業を見つけてください。

業界のリアルを知り、具体的にイメージできれば、あなたは面接で輝く存在になれます。

こんな事本当にやってきたの?

筆者はやってきました。

だからこそ、新卒から転職まで応募した全て企業から採用を貰ってきたと思っています。

現在内定率100%

あなたも本気ならやってみてほしい。

この記事が気に入ったらFollowしよう
NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG