注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

4億円を捨てでも転職した理由〜就職氷河期の転職成功の秘訣〜

リーマンショック就職氷河期に死ぬ気で就活をしていました僕です。

もちろん、転職も経験しています。

今となっては、必死に就活したお陰で得意なことは【就活】と言えるほどになりました。

いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

今回は、『4億円を捨ててでも転職した理由』について、実際の体験談をもとに転職時のポイントと合わせてご紹介できたらと思います。

僕の学生時代の就活への拘り

  • 大手のみ志望
  • 同じ仕事するなら年収第一
  • 働くなら福利厚生や待遇も大切
  • とにかく内定をもらう就活を意識

僕は一貫して上記のことを拘りとして就活していました。

人から何を言われようが、当時の自己分析から導き出した譲れない事が上記の事だったから仕方ありません。

なので、僕は必死に就活をしてきました。

とにかく、拘りを満たす大手から内定を貰うために!です。

年収こそ全て!内定こそ全て!という気概で就活していましたね。

若いって思います。

結果、上記の僕の拘りをすべて満たす企業からいくつも内定をいただく事ができました。

そして、もちろん僕が最後に選んだ企業は生涯年収4億円越えのいわゆる大手企業だったわけです。

その際の大手就活のノウハウは僕のサイトで別記事で紹介していますので、お時間ある時に見ににてくださいね。

僕が4億円を捨てた理由

僕の在籍していた企業は、正直、めちゃくちゃ優良企業で、不満なところはありませんでした。

しかし、この後僕は生涯年収4億円の企業を辞めたわけですね。

そのまま勤め続けたら4億円を手に入れる事ができた可能性が高いことはわかっていました。

その理由を紹介していきます。

転職を成功させたい時にも参考にもなると思います。

4億円を捨てたたった一つの理由

僕は、前述した通り『その会社を辞めたい』と思ったことはありませんでした。

正直、満足していました。

なので、生涯年収4億円を捨てた理由は、ただ『他にやりたい事』ができたからです。

もっと言えば、その『やりたい事』がその会社ではできない事だったというだけの話です。

大手に入ると『やりたい事』は、本気で望んで行動すれば取締役以外なら大体できます。

その会社でも、様々な部署があり、様々なキャリアがあり、多くの人に出会う事ができ、個人的には刺激的な社会人生活を毎日送る事ができました。

今でも、その会社への恩は忘れませんし、やりたい事を受け入れて、後押ししてくれた会社に感謝しています。

転職成功の秘訣

  • 退職動機ではなく、志望動機が先が良い

多くの場合、転職したいなーという時は、会社への不満や嫌なことが先行しますね。

今の会社を辞めたいから別の会社で働きたい!

これは、言い換えれば多くの人と同じ思考ですよ。

僕は、たまたまその真逆でしたから、転職もスムーズにかついい方向に進める事ができました。

とは言っても、辞めたいって思う事が先行しますよね。

それなら、最初の動機はそれでいいです。

でも、辞めたいからどこでも別の企業なら…というのは安直です。

辞めたいならやりたい事を探しましょう。

そして、それが叶う企業を探しましょう。

他の転職者と差をつけたいのであれば、考え方を見直してみてください。

新しい会社で仕事をやりたいから今の会社を辞める!

この順序が大切だと思います。

このように思えたら、辞めるときに葛藤に惑わされずに済みますよ。

しっかり決断できると思います。

4億円を捨てる多くの葛藤

もちろん、葛藤が無かったとは絶対言いません。

むしろ、物凄くありました。

学生時代に死ぬ気で就活して、入社した会社ですからね。

いくつもの葛藤を乗り越えて転職を覚悟しました。

僕が経験した多くの葛藤を紹介します。

今までの年収を保てるのか?

僕の拘りは、やはり変わらないという事を痛感しましたね。

自分の年収は、今も大事にしたいと思っている。

でも、自分のやりたい事ができたから、どうするかを考えましたね。

どうしても色々と下調べすると、少し年収下がる傾向にあったので。

ある程度妥協できるところは、自分なりに決めていました。

もちろん、年収維持もしくはアップは交渉要素

今までの生活水準を保てるか?

年収=生活水準でも無いのが、サラリーマンですよね。

家賃補助や健康保険の仕組み等会社によって違いますからね。

額面の年収だけでは、測れないところも多いですよ。

年収800万で家賃補助なしより、年収600万で会社家賃補助7割の方が税制的にも結果、良かったりします。

まぁその辺りも含めて生活水準が落ちないかを考えました。

勤務地は?

大事な要素ですね。

僕は、年収プラス勤務地を天秤にかけて就活しましたね。

どうせなら働きたい場所で働きたいですよね。

新卒とは違いますよ。

最後の年収交渉でも、そのあたりは交渉しました。

交渉したのは、キャリアアドバイザーですよ。

就活で優秀なキャリアアドバイザーとの出会いは本当に大事ですよ。

僕は、転職エージェントを10社以上登録して、ようやく1人信頼できるキャリアアドバイザーに出会いました。

今も連絡を取る仲ですね。

健康保険は健保組合か?

生活水準で少し触りましたが、結構大事ですよ。

僕は、前職では民間の医療保険には加入していませんでした

なぜなら、高額な医療は全て健康保険組合に上限が設けられており、それ以上支払う事がない事はわかっていました。

月の医療費2万円から3万円までが上限で、それ以上はどんなに超えても、入院しても、手術しても、2万円から3万円です。

これは、国家公務員と同じ待遇です。

大手の良いところでもありますよ。

実はあまり知られていない福利厚生かもしれませんね。

会社によって全然違いますよ。

なので、健保組合の状況も本当に、本気で、待遇に拘るなら見てくださいね。

特に、ご家族がいる、扶養する人がいる場合は要チェックです。

その会社の健康保険証で受けられる制度が違いますからね。

果たして同じキャリアを歩めるか?

前職でも割とスムーズなキャリアを歩む事ができていました。

実際、今転職して、やりたい事のために、別に不満がない会社を辞めて、キャリアを捨ててまで取り組む事なのか?

これは、1番の葛藤でした。

でも、人生一度きり!

やりたい事はやりぬく覚悟、選んだ道を後悔しない覚悟、次の会社でも良きキャリアを形成する覚悟を持って葛藤に打ち勝ちました。

4億円を捨てて転職した末路

結局、多くの葛藤と戦いながら転職を決意しましたね。

その時間、1年半

自分の大事なキャリアですからね。

そう簡単には、決めきれませんでした。

でも個人的には納得いく転職のためにこれだけの時間を費やしました。

その間、自分との対話も繰り返しました。

実のところ、そのやりたい仕事の募集がなかったんですけどね。

でも、その間キャリアアドバイザーとも密に連絡をとりつつ、他の企業は転職就活慣れするために受けつつ準備をしていましたね。

どこも内定は貰いましたが、希望年収に応じて貰えず、お断りしました。

そして、本命の大手でやりたい仕事の募集にて、しっかり内定を貰うことができました。

結果、捨てた4億円は、おそらく戻ってくる、そして、やりたい仕事もできるという良き転職ができました。

やはり、自分の拘りは譲れません。

ゆっても、大手志望も最初から変わらずです。

ブレずに粘り強く就活をやれた事が成功の要因だと思います。

転職する事で前の会社への恩や自分の成長やキャリアを見つめ直すいい機会になりました。

そして、結局やりたい事には逆らえない事がわかりました。

なので、あなたも是非仕事を辞める前に、やりたい事を探してください。

今の会社の不満を愚痴るのはもったいないですよ。

その不満は、転職すれば解決しますか?

転職は、転職したいなー。ではなかなかうまくいがないと思います。

転職はする!覚悟が必要です。

その分、時間はかけて良いと思います。

そして、最後に就活生向けには、ファーストキャリアの重要性は本当に痛感しました。

僕のブログでも一貫してお伝えしていますが、新卒就活中の人は、サラリーマン人生は長いので、次の選択肢も考えて、大手就活に拘ってみてください。

特に、やりたい事が見つからない人には、本当にお勧めします。

やりたい事ができた時のセカンドキャリアが驚くほど自由ですよ。

就活生は本当に苦しい時期ですが、今必死に就活してくださいね。

転職就活中の人は、ただ辞めたい!ではなく、自分のやりたい事から転職を探してみてはどうでしょうか。

今の会社の良いところに目を向けて、あなたのやりたい事ができるのか?

それが何より大事です。

僕の4億円転職成功のポイント

  • 辞めたい転職からやりたい転職にする
  • 優秀なキャリアアドバイザーを見つける
  • 譲れない拘りを譲らない
  • ファーストキャリアに拘った結果
  • 交渉決裂なら断る勇気と決意
  • やりたい事には逆らえない

上記の内容は、僕の超個人的転職成功のポイントです。

大手から大手の転職体験を通して、あなたの就活でなにかヒントがあれば何よりです。

僕が使った4億円交渉の転職エージェント

最後に、これは忖度なしの自分の経験から、実際に最後まで頼った転職エージェントを紹介します。

その辺りの使った事がないようなランキングではありません。

実際に10社以上登録し、最後まで頼ったエージェントを紹介します。

もし、本気で転職就活をお考えであれば、TwitterにてDMを貰えれば、今も連絡を取り続けている僕が信頼しているキャリアアドバイザーまで紹介してあげたいくらいです。

それは、ちょっと相手の都合があるので難しいかもしれませんが、それくらい吟味して選択したものです。

DODA

基本的に、登録するとキャリアアドバイザーが勝手に決まります。

まず、最初は、電話である程度希望の業界や職種、待遇などを共有します。

そして、相手もお仕事ですので、多くの求人をお届けしてくれます。

そこで、気になる求人には目を通してキャリアアドバイザーにこちらから問い合わせしてみましょう。

僕の担当者は、割と親身になってくれる方でしたので、最後まで相談する事が多かったです。

業界大手ですので、情報量は多いですよ。

情報を入手する上では、特に、お勧めですね。

JAC Recruitment

こちらは、ハイクラスor専門職専用の転職エージェントです。

個人的には使っていて最も頼りになるエージェントさんでしたね。【本質的には、キャリアアドバイザーが優秀と言う事です。】

僕の拘りが【年収】【待遇】と言った一般的にはゲスな拘りが強かったのでぴったりでした。

ワガママばかり言って、談笑し、時に笑われながら、それでもしっかり交渉し、勝ち取って来てくれる信頼できるエージェントです。

是非、僕と同じような転職希望の人にはお勧めしたいです。

また、凄く魅力的な求人も多く、僕の拘りの交渉もお任せしていましたし、志望企業の内部情報にも本当に強いです。

良い情報、質の高い情報を持っているエージェントだと思います。

最後は、体験談からちょっと行きすぎて僕の実際に使ったエージェントの紹介までしましたが、是非あなたに親身になってくれるキャリアアドバイザーを探してくださいね。

そして、何より転職成功のポイントをおさえて、気長に良き転職活動を続けていきましょう。

僕もやりたい仕事の募集があるまで、時間がかかりました。

新型コロナウイルスの影響で就職氷河期とも言われていますが、焦らず就活していきましょう。

やめたい転職活動からやりたい転職活動にしていきましょう。

あなたの就活がうまくいきますように。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらFollowしよう

就職活動Latest articles in category

NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG