注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就職氷河期でも今すぐ企業分析が100倍楽しくなる方法〜就職活動と恋愛の13スペック〜

企業分析、企業研究と聞くと、『本当に意味はあるのか?』と意見をよく耳にします。

とりあえず書類選考通過するES書いた方が早いでしょ。という人もいます。

実際に就職活動をしてきた人に聞きたいですよね。

真摯に答えます。

絶対にやりましょう。今すぐ必ずやってください。

でも、実際『企業分析のやり方がわからない』、『企業分析は全然楽しくない』と言う意見が多いのも事実です。

それでは、企業分析を楽しく実践する方法を紹介します。

是非楽しく企業分析をやってみてください。

目次

“恋愛型”企業分析はこのような人にお勧め

  • 企業分析など意味がないと思う人
  • なんか企業分析は難しそうだと思う人
  • 企業分析が楽しくないと思う人
  • 楽しく企業分析をしたい人
  • 企業分析のやり方がポイントがわからない人

このような方は、是非最後まで読んで『とにかく楽しく企業分析』をしていきましょう。

なぜ、企業分析や業界分析をするの?という方は、少し硬い内容ですが、こちらをご覧ください。

就職活動に役立つ!企業分析を始める前におさえるたった1つのポイント

就職活動と恋愛は似ている

就職活動と恋愛は本当に似ています。

あなたが恋愛し、結婚する人と同じくらいの時間を就職活動で出会う企業と付きあっていく可能性があるからです。

あなたが恋愛し、結婚相手を見つけて、結婚するというプロセスを就職活動では物凄く短期間でやってしまいます。

まさに、現代のスピード婚のイメージです。

“恋愛”企業分析の目的

  • あなたの好きな人【企業】を見つけて結婚相手【就職したい企業】を決める

1万社以上の大手企業、そして400万社を超える中小企業からあなたの大好きな人【企業】を見つけてください。

また、あなたの結婚相手【就職したい企業】を見つけてください。

そして、その相手【企業】にプロポーズするもしくは、逆プロポーズする事をイメージして、”恋愛型”企業分析を進めていきましょう。

あなたが結婚相手【企業】に求めるスペック

あなたが人を好きになる基準はなんでしょうか。

たくさんありますよね。

また、結婚相手に求めるスペックはどうでしょうか?

あなたは、入社して選んだ企業に長年勤めていきます。

もはや、結婚するようなものです。

では、あなたの結婚相手に相応しいスペックであるかしっかり見ていきましょう。

『好きになったからもっと相手を知りたい』という人もいれば、『色々知ったら好きになった』という人もいるでしょう。

あなたが結婚相手として知りたい情報を一つ一つ探していきましょう。

あなたの結婚相手【企業】を探す13スペック一覧

  1. 名前
  2. 年齢
  3. 職業
  4. 住んでいる場所
  5. 貯金額
  6. 年収
  7. 交友関係
  8. 知名度
  9. 歴史
  10. 容姿、見た目
  11. 性格
  12. 尊敬している人

あなたが結婚相手【企業】に求めるスペックはなんでしょうか?

気になるところから探してみてください。

実際の探し方や結婚相手【企業】の具体的な情報を見ていきます。

相手【企業】の名前や由来を知っとこう

名前を知らない人とお付き合いする、ましては結婚はしませんよね?

あなたが知るべき事は、紛れもなく、企業名です。

また、その名前の由来などを知っておくと相手【企業】とのコミニュケーションに役立ちます。

名前の由来まで調べておきましょう。

相手【企業】の年齢を知ろう

あなたは好きな人の誕生日を一緒にお祝いしたいですよね?

なので、相手【企業】の誕生日を知りましょう。

企業HPにある設立日を参考にしましょう。

相手【企業】の職業を知ろう

相手の職業は、結婚するきっかけにも繋がるかもしれませんね。

結婚相手にハイスペックな職業を好む人も多いかもしれません。

相手【企業】の職業は、事業です。

相手【企業】が、何をしてお金を稼いでいるのかを知りたいですよね。

なので、事業について詳しく調べていきましょう。

企業HPに載っています。

相手【企業】の住んでいる場所を知ろう

相手の住んでいる場所が遠いと遠距離恋愛になってしまいます。

色々な意味で、遠距離恋愛は不安ですよね。

また、相手の住んでいる場所で大体の生活水準がわかったりするのも事実です。

相手【企業】の住んでいる場所は、本社所在地です。

こちらも地図付きで企業HPから見ることができます。

余裕があれば、支店所在地も見てみましょう。

相手【企業】の貯金額を知っておこう

結婚する時に相手の貯金額は気になりますね。

借金があることがわかった日には、あなたは結婚を躊躇するかもしれません。

相手【企業】の貯金額は、資本金を見ていきましょう。

一概に相手【企業】の貯金額をさすわけではありませんが、少し参考になると思います。

もう一つは、株式の時価総額です。

株式を発行している会社になりますが、相手【企業】の価値を知ることができます。

見ていくと楽しいですよ。

企業名と時価総額で検索かけるとヒットすると思います。

相手【企業】の年収を見よう

あなたが結婚する相手を選ぶ時に、相手の年収は”ついつい”気になりますよね。

お金は全てじゃない!と言っても、お金はあれば便利だったりします。

という事で、相手【企業】の年収は、売上高もしくは純利益を見るようにしましょう。

年収が高くても、派手に使う相手だと結婚した後苦労します。

売上高を見る事に加えて純利益を見ると相手【企業】のお金について知ることができます。

決算資料やYahooファイナンスで企業名を入れると出てくる企業は出てきます。

相手【企業】の交友関係を知りたい

あなたが結婚相手を選ぶときは、その相手の交友関係は知っておきたいですよね。

友人関係や先輩・後輩ですよね。

相手【企業】の交友関係は、ビジネスの取引相手【BtoBやBtoC】であったり、同じ業界の競合企業などです。

相手【企業】の知名度を知ろう

結婚相手の知名度は重要でしょうか。

周りの人から信用できる人など意見があれば、結婚の後押しになるくらいでしょうか。

相手【企業】の知名度は、株式上場を見ていきましょう。

上場しているとある程度世間的にも認知されていたりします。

世間でのブランド力と言っても良いでしょう。

少し先になりますが、信用力にも関わってきます。

あなたが将来自宅やマンション購入で、住宅ローンを組むときなどに重要になりますよ。

相手【企業】の歴史を知りたい

結婚相手の今までの育ちや歴史は気になります。

昔は、結婚する時に実は両親が相手の素性を調べていたなんて事も聞いたことあるくらいです。

相手【企業】の中には、老舗から新規ベンチャー企業まで沢山あります。

相手【企業】の歴史をしっかり調べましょう。

合併して大きくなった会社もあれば、大きな会社の子会社の事もあります。

また、以前は全く違う業種や業界で成長してきた会社もあります。

企業HPに歴史を載せている企業もありますので、チェックしておきましょう。

相手【企業】の容姿を知ろう

あなたの結婚相手にビジュアルや容姿は重要でしょうか。

用紙が重要な人もいれば、そうでない人もいますね。

相手【企業】の容姿は、ロゴをみましょう。

相手【企業】の印象も考えられており、企業の理念や信念を反映しているものもあります。

歴史とともに変化している事もあります。

相手【企業】の顔を見ていくと楽しくなってきます。

あなたの好みのロゴを探してみましょう。

相手【企業】の性格を知ろう

一度は一生を共にすると決める結婚相手の性格は何より重要ですよね。

長く一緖に居るからこそ性格や雰囲気は本当に重視する人もいるかもしれません。

相手【企業】の性格は、会社の風土や雰囲気です。

相手【企業】の雰囲気や風土を反映するのは、『人』です。

社長からの世間へのメッセージや就活生へのメッセージ、また先輩からのメッセージなど実際に働いている『人』を必ず見てみましょう。

できれば、『勤めている人』や『OBやOG』に話を聞くのが1番です。

そして、後ほど紹介しますが次に話を聞くべき人は『その道に精通している人』です。

是非、まずは聞いてみてください。

相手【企業】の尊敬している人を知っとこう

結婚相手が尊敬している人は、あまり必要ではないかもしれませんね。

ここは、取ってつけた感じです。

相手【企業】の創設者や代表取締役社長や役員を知っておきましょう。

あなたの最終面接や入社後に出会う人物です。

必ず興味を持ちましょう。

相手【企業】の夢を知ろう

あなたの結婚相手が抱いている夢は知っておいた方がいいですよね。

あなたが一緒になって、応援もできるしお手伝いもできますね。

相手【企業】の夢は、理念や信念です。

相手【企業】には、理念や信念があり、それをもとにした短期から長期的なビジョンがあります。

そのビジョンに向かうために、ありとあらゆるミッションが存在しています。

相手【企業】がどのような理念や信念をもとに、ビジョンに向かってミッションを遂行しているのかを調べてください。

時には、社訓であり、理念、信念という文言で企業HPに掲載されていますので、絶対に確認していきましょう。

絶対におさえるべき”恋愛型”企業分析のポイント

  • 同じ業界で違う相手【企業】を見てみよう
  • 相手【企業】毎の強みをおさえよう
  • 相手【企業】を紹介できるようになろう

あなたの結婚相手【就職したい企業】は見つかりそうですか?

ちょっとだけ楽しく企業分析をすすめていけそうでしょうか。

それでは、今すぐ楽しみながら恋愛型企業分析をはじめていきましょう。

企業分析は、いつでも始められる、そして早くはじめる事がマイナスになる事はありません。

同じ業界の違う相手【企業】を必ず確認しよう

結婚相手をいきなり変えることは、不謹慎ですよね。

しかしながら、あなたは今理想の結婚相手を探しているところです。

まだ、決めていません。

決まっている人は飛ばしてOKです。

1人の結婚相手【企業】について上記の事を調べる事は重要です。

それができたら、同じ業界の他の相手【企業】を見ていきましょう。

他にいい人はいないかな?と不謹慎な楽しみ方も時には重要です。

そして、これは『なぜその会社じゃないといけないのか?』という問いに答えるきっかけになります。

企業の強みを必ずおさえよう

結婚相手をひと通り探し終えたら、その相手のいいところを見ていきましょう。

同じ業界で違う相手【企業】を見るとその会社の強みが見えてきます。

比較して始めてわかる事もあります。

これは、絶対に役に立ちます。

企業毎の違いを人に伝えられるようになろう

あなたの”恋愛型”企業分析も終盤です。

結婚相手になりそうな相手【企業】を見つけて、それに似た相手【企業】を探し、比べてみましたね?

比較する事で強みがわかり、あなたの結婚相手【企業】は魅力的に見えてきましたか?

では、最後は両親に紹介しましょう。

あなたは、選んだ結婚相手【企業】を両親【他人】に紹介してください。

なぜ、その人と結婚を決めたのかを伝えてください。

そして、反対する両親を説得してください。

それが、『あなたのその会社への志望動機です。

一応ある程度相手【企業】の事を知った上で、志望動機が出来上がりました。

できるだけひとつひとつ楽しくやっていきましょう。

恋愛型企業分析は出会いが大切

あなたが結婚相手をみつけるのも『出会い』が大切ですね。

一目惚れ、知り合いの紹介、合コン、出会い系サイト、婚活サイト、お見合いなどきっかけや手段はどうであれ出会いが大切です。

就職活動で結婚相手【就職したい企業】を見つけるには、あまりいい印象はないかもしれないですが、圧倒的に出会い系サイトや婚活サイト就活サイト】を使うのが効率的かつ有用です。

あなたは、多くの付き合う相手【企業】のスペック情報を得ることができます。

是非、無料登録してあなたが企業に出会うきっかけにしてみてください。

もちろん、中には企業からのスカウト【逆プロポーズ】があるサイトもあります。

楽しく”恋愛型“企業分析をするためにも必須です。

主な婚活サイト【就活サイト】まとめ7選

就活サイトはたくさんありますが、お勧めサイトを紹介していきます。

用途を使い分けて使っていきましょう。

就職活動における鉄板の総合情報サイト

  • マイナビ
  • リクナビ
マイナビ

誰もが知っている就職活動における【婚活サイト】です。

絶対に登録しておきましょう。

情報量は半端じゃないです。

その分、あなたが必死に新たな出会いを求めて探し出す必要があります。

マイナビ新規登録はこちらから
リクナビ

こちらも誰もが知っている就職活動の【婚活サイト】ですね。

情報量も多く、マイナビ同様に登録必須です。

あなたが必死に出会いを求めて、結婚相手【あなたのいきたい企業】を探し当てましょう。

リクナビ新規登録はこちらから

オファー【逆プロポーズ】狙いサイト

  • キミスカ
  • Offer Box
  • ねっとで合説

結婚相手【企業】をあなたから探しにいく事も大切ですが、あなたのプロフィールなどをもとに相手【企業】からオファー【逆プロポーズ】が貰えるサイトです。

あくまで、そういう企業もあるんだ!っというあなたが知らない企業に出会うために使ってみてください。

登録しておくと、常に企業分析の大切さを思い出させてくれます。

キミスカ

キミスカ

『キミスカ』は、あなたがプロフィールや選考の状況を伝える事で、相手【企業】から特別選考のスカウト【逆プロポーズ】をもらうことができます。

また、就職活動において、もう1つ重要な自己分析にも非常に役立ちます。

『キミスカ』は、業界最高レベルの適性検査を扱っており、あなたのストレス耐性やあなたの価値観などを探り、あなたの自己分析の助けになります。



Offer Box

OfferBox

『OfferBox』は、名前の通り、相手【企業】が興味を持ったあなたにオファー【逆プロポーズ】すると言うものです。

なんと、利用者数は19万人以上であり、就活生の4人に1人が登録をしていると言う優れた評価を受けています。

あなたは、『OfferBox』にあなたのプロフィールを示して、相手【企業】は、あなたのプロフィールを見つけて、あなたにオファー【逆プロポーズ】を送ります。

このサービスがお勧めなのは、あなたのプロフィール編集が多岐に渡ります

あなたのプロフィールは、文章だけでなく動画や写真等を使ってあなた自身を自由に表現することができます。

口頭での表現が苦手な人も様々な工夫ができます。

“今”Offer Boxによる就活生だけで繋がるコミュニティの開設はありがたいと想う”就職氷河期第7世代”

こちらは無料登録をお勧めします。



ねっとで合説

あなたに合う企業を見つけるなら!ねっとで合説

ねっとで合説は、いつでもどこでも企業分析ができる事が非常に便利です。

また、結婚相手【企業】の雰囲気を動画で知る事ができます。

企業HPでは得られにくい結婚相手【企業】の『人』について知りたい人にはお勧めです。

使えるものは、使う事が大切です。



就活支援サービス付きサイト

  • Job Spring
  • Digmee

仲人(なこうど)さんがあなたの企業との出会いをサポートしてくれます。

今は仲人(なこうど)はあまり見かけないですね。後押ししてくれる友人としましょう。

あなたの就職活動を一緒にサポートしてくれる形のサービスがあります。

1人で不安な人にはお勧めです。

また、先程紹介したように、『その道に精通した人』に出会う事ができます。

OBやOGに繋がりがない方も多くのスペック情報を貰えます。

Job Spring

後悔のない就活

Job Springは、エージェントがサポートしてくれる事で、あなたにあった結婚相手【企業】を一緒に考えてくれます。

就職活動における内定獲得までの支援を受けることもでき、非常に心強いです。

就職活動においては、就職する前も大切ですが、何より就職後に活躍できるかが最も重要です。

結婚も結婚する前より、結婚した後の方が本当に大切ですよね。



Digmee

就活をスマートに 次世代の就活サービス【digmee】

Digmeeは、Webサイトからの選考応募など、就職活動を始めるのが面倒だと思っている人にお勧めです。

LINEでスキマ時間に就職活動ができます。

LINEで就活【digmee】

また、結婚相手【企業】選びをするために、自己分析をしている人に、企業の人事が直接フィードバックを行います。

相手【企業】の雰囲気も聞きながら、有意義な情報を貰えます。



【Next Step】”恋愛型”企業分析から職種分析をはじめよう

“恋愛型”企業分析はどうでしたか?

大切なポイントをおさえて、コツを掴むと企業分析が楽しくなります。

これに職種分析を加えると更に納得度があがります。

随時更新していきます。

“就職氷河期第7世代”の仕事イメージ戦略!絶対に仕事をリアルに感じる職種分析の方法と手順〜3つのステップと3つのポイント〜
この記事が気に入ったらFollowしよう
NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG