注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就活生の第一志望の御社に落ちた時の社会人の励ましとは?【就職氷河期第7世代の就活日記】いつも就活の事を考える悪い癖の日記

リーマンショックの就職氷河期での就活経験や大手転職経験をもとに綴っています、就職氷河期第7世代の僕です。

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

就職氷河期第7世代の就活日記】は、僕の個人的な悪い癖を日記にしています。

そのため、個人的な見解ですので、ご留意くださいね。

でも、誰かのヒントになるかもしれないので、特技の【就活】について”ただただ”呟く日記です。

あなたが就活に疲れた時専用です。

なぜなら、僕も疲れた時専用だからです。

多分、飲んだ後とか疲れた後なので、言葉には気をつけますね。

Today’s Diary

今日は、あなたの就活の第一志望がほとんどの場合第一志望でないって話です。

最近、内定が出ている就活生も多いですね。

また、今回第一志望に採用が決まった方、そうでない方もいると思います。

第一志望企業より採用通知を貰えた方はおめでとうございます。

ただ正直、学生時代の第一志望っていうのはどこまで正解かはわかりません。

それは、言い換えると第一志望の志望度合いとも言えるかもしれません。

今回はその辺りに個人的な経験から触れていきたいと思います。

今まで多くの転職者に出会って…

僕は、今まで一般的に大手と呼ばれる企業に勤めてきました。

その経験の中で、今まで多くの転職者【転入・転出問わず】に出会ってきました。

ひとつだけ言えるのは、『新卒ではダメでしたが、今回転職で第一志望の会社に入る事ができました!

と言う人には出会った事がありません。

本当に今まで多くの転職者に出会って、一度もありませんよ。

これはどう言う事だと思いますか?

いくつかちょっとだけ仮説を立ててみましょう。

あなたにしっくりくるものがあれば何よりです。

仮説 第一志望企業は学生就活の幻想

実は、学生時代の第一志望っていうのは、何としても1番行きたい会社ってわけでもない

これが一つ目の仮説です。

就活で第一志望ってなんとなく優先順位をつけているけど、本気で行きたい!ってわけじゃない。

だから、転職してでも入りたいわけではない。

簡単に例えると、学生時代の青春みたいなもので、その時は熱くなっているけど、そこから現実的に結婚までする人は少ないみたいな感じかな。

少し悪く聞こえるかもしれないけど、出会った転職者に『学生時代から第一志望でした!』って人が居ないことから考えると可能性はあると思っています。

仮説② 他の企業への就職を正解にする

これは、少し前向きです。

第一志望企業からは内定を貰えなかったが、他の内定を貰った企業に就職した人がその企業への就職を正解に変えた可能性です。

学生時代の就活で行くと決めた企業を正解にするべく努力して前に進んでいる人が多いと言うことです。

もちろん、最初は納得できないかもしれませんね。

実は、その事実を受け入れて、就職を決意した会社を正解にできるように努力し、精一杯働いている人が大半なのかもしれません。

この可能性もありますね。

仮説 社会人になると価値観が変わる

個人的には、この感覚が1番しっくりきます。

僕自身も学生時代の第一志望企業から内定を貰い、入社して勤務していましたが、やりたい事ができたので転職しました。

社会人になると学生時代より多くのこと、情報に触れる事ができます。

人脈も確実に増えます。

それによって、自分自身が今まで考えなかったような、やりたい事ができたり、携わりたい仕事ができたりします。

日々、価値観は変わると思います。

なので、学生時代の第一志望企業は凄く拘って就活していましたが、今となってはいい思い出です。

第一志望企業に拘って就活し、その企業に入社し、その企業から転職したので、ある程度信頼してもらっていいと思いますよ。

第一志望企業に祈られら思い出す

まずは、第一志望企業は本当に第一志望企業だったのか?

他の人に負けないくらいその企業を調べて、準備し、やる事は全てやったか?

是非、就活を振り返ってください。

それでも、行きたい企業であれば転職してでも行きましょう。

その企業で働きたい想いを持ち続ける事が大事ですよ。

しかしながら、多くの場合は内定を貰った企業に就職し、その選択を正解にする努力をしている人が大半であることを知っておきましょう。

個人的には、無理する必要は無いと思います。

しかし、僕の経験で申し訳ないですが、社会人になるとあなたの価値観は大きく変わります。

その企業でできる事に精一杯取り組み、最大限自己成長し、社会人になってやりたい事ができた時に自由に選択できる自分であり続けましょう

今回、第一志望の企業から内定を貰えた方は、その選択が正解になるように社会人生活を有意義に過ごしていきましょう。

第一志望企業から祈られた方は、今一度自分の就活を振り返り、本気で行きたいなら社会人になってもその気持ちを持ち続けてみてください。

これは、本当に経験から難易度高いと思います。

価値観は必ず変わります。

自分の大事にすることはなかなか変わりません。

どちらも満たせる企業に行くにはどうするか?

是非、考えてみてください。

社会人で思い通りに仕事する

答えでは無いですが、一つの確信です。

社会人であなたのやりたい事や求める事を満たす企業に行くためには、自己成長、自己価値の向上あるのみです。

妥協せず、やり続ければ、年収も待遇も全ては後からついてきます。

今は、学生時代の第一志望企業に祈られると辛いかもしれませんが、そういう時に少し幅広い視野で捉えてもらえると嬉しいですね。

これから就活を始める人は、第一志望企業に固執することなく、『全ての会社に行きたい』と思って就活してみてください。

まずは、そういう企業に出会うことからですけどね。

より質の高い企業分析等を丁寧にすすめて、そう思える企業を探しましょう。

そうすれば、あなたの就活はきっとうまくいきますよ。

僕は常にそうしてきました。

あなたの就活がうまくいきますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったらFollowしよう

今日の就活日記Latest articles in category

NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG