注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

《体験談》大手企業で働くデメリットは見当たらない【就職氷河期第7世代の就活日記】いつも就活の事を考える悪い癖の日記

リーマンショックの就職氷河期での就活経験や大手転職経験をもとに綴っています、就職氷河期第7世代の僕です。

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

【就職氷河期第7世代の就活日記】は、僕の個人的な悪い癖を日記にしています。

そのため、個人的な見解ですので、ご留意くださいね。

でも、誰かのヒントになるかもしれないので、特技の【就活】について”ただただ”呟く日記です。

あなたが就活に疲れた時専用です。

なぜなら、僕も疲れた時専用だからです。

多分、飲んだ後とか疲れた後なので、言葉には気をつけますね。

Today’s Diary

今日は、少し僕の経験から大手企業の内部についてかける程度に日記程度で気軽に書きたいと思います。

就活生は、大手企業の本当の内部は知りたいですよね。

むしろ、大手内定者の方がもっと知りたいかも知れないですね。

より現実的に働くイメージが欲しいと思います。

少なくとも僕は就活時代、基本的に”大手のみ志望”だったので、凄く気になってました。

まぁ、ちなみに、めちゃくちゃ個人的な意見ですよ。

大手で働くデメリットはない

簡単に言うと、一般的に言われているデメリットは、働いている側からするとそんなにデメリットじゃないよって話なんです。

《一般的な大手企業のデメリット》

  • 自分がいなくても会社が回る
  • 社内競争が激しく、出世に時間がかかる
  • 一人一人の成果が見えにくい
  • 個人の裁量が少ない
  • 意思決定のスピードが遅い
  • 経営陣が遥か彼方

これは一般的に言われているデメリットですね。

まぁ、一見『ほうほう』と思ってしまいますよね?

大手ってそういう面もあるのかーって。

『ありそう』な話ですよね。

そもそも、個人的にはこれは全てデメリットじゃないんですよね。

これは、ただの大手の特徴ですよ。

この様な事は、当たり前なんです。

ちょっとだけ、働いている側からの意見を追記しておきますね。

自分がいなくても会社が回る

これは事実かもしれませんが、自分で言ったらダメでしょ。

本質的に、大手とか中小企業とか、全く関係ないと思いますね。

常に『自分にしかできない仕事』みたいなことを考えながら仕事をしていけば、仮に自分がいなくても仕事が回るとしても、日々満足に働くことができますよ。

大手でも考えながら働けば可能です。

本当に、中小企業でも大手でも変わらない事だと思いますよ。

逆に、そういう意味で大手は安定してるとも言えますよね?

多くの人が求める安定はここからきていますよ。

誰がやってもある程度仕事が回るように作られているというのは、安定を意味しますね。

その人がいなかったら仕事が回らないなんて、ただの自己満でしかないですからね。

そんな自己満足を満たしてくれる会社は、すぐ潰れちゃいますよ。

だって、あなたがいなかったら仕事回らないんですから。

これは、あなたの仕事のやりがいとは別次元ですよ。

社内競争が激しく、出世に時間がかかる

出世したいのはなぜ?

それが、ただの金銭的な目的なら多分解決だよね。

ある程度のキャリアで中小企業の部長クラスくらいは普通に貰える。

僕でさえ、年収…これはやめておこうね。

携わるビジネスの大きさや規模で出世したいなら、その目線で仕事ができれば会社は認めてくれる。

一人一人の成果が見えにくい

これ当たり前なので、意識して改善しましょう。

自分の成果をしっかり伝えるし、上司ともコミュニケーションする。

社員は、みんな同じ環境だから、全くデメリットではない。

むしろ、メリットでしょ。

みんな同じ様に働いていればいるほど、ちょっとした工夫が目立つでしょ。

就活と同じです。

みんなが同じ服着て、同じように就活してるなら、差をつけるのは簡単な事だよね。

仕事の部署が多いっても言われるけど、それは自分が興味持つか次第とも言える。

人も多いから、その違う部署の人とコミュニケーションすれば情報は容易に手に入る。

正直、気にしなくていいよ。

個人の裁量が少ない

大手の個人の裁量って何よって思う。

大手や中小企業は関係なく、どの仕事も、その人の裁量次第です。

会社からやらさせる仕事してたら、こんな感覚になるんやろか。

僕にはわからないな。

個人的には、『大手は好きなように仕事できる』って思う。

大手の予算も企画も桁違いですよ。

むしろ、中小企業の方が予算限られて、失敗できない的な要素が強い気がするけどな。

これは、ちょっと偏見かもしれないですね。

でも、求めれば、大手のチャレンジする予算は大きく、やりがいのある仕事になりますよ。

意思決定のスピードが遅い

意思決定早いと思うけど。

どんな新しい取り組みも大手から導入される事多いけどね。

テレワークとかもそうでしょ。

意思決定は早いよ。

もし、企画ややりたい事で決済がおりないとか通らない事が、意思決定のスピードというなら、まずは自分のプレゼテーションを見直した方が早い。

多分、まだまだ上に納得してもらえてないってことだと思うよ。

上司を巻き込んで『それ一緒にやってみようぜ!』ってなれば、決済スピードなんて自在に操れる。

だから、プレゼンスキルは必須。

就活は自分のプレゼンテーションだからね。

良い機会だと思う。

経営陣が遥か彼方

そうですね。

でも、それは自分で求めたらアクセスできるよ。

多くの人が大手でそれを求めてないから遠いだけ。

何人の人が経営に携わる仕事がしたいって思ってるかわからないけど、何万人の従業員を抱える経営なんてそう簡単にさせてもらえないよね。

まずは、10人でもやってみたら?って感じのが管理職な訳で。

10人の管理職だったら、やる事は従業員10人の会社経営みたいなものだからね。

その規模が大きくなっていくイメージだよ。

本気で経営したいなら『経営コンサルタント』から『起業』とかそもそも『起業』するでしょう。

こんな感じで、働いてる側としては全くデメリットを感じた事はない。

むしろ、捉え方の問題だと思う。

個人的には、ほぼメリットしかない。

これは、就活前から変わらないよ。

大手志望で就活して、実際働いて、やっぱり大手がいいって思う。

ちょっとやりたい事あって、転職したけどもちろん大手しか受けてないのも一貫してる。

だから、就活生には、普通に大手就活をお勧めしてる。

大手企業での働き方は3つある

  1. 『会社の指示通り』仕事する人
  2. 何かと文句つけて仕事しない人
  3. 常に考えて仕事する人

これは、別に良いとか悪いとかではなくて、知っておいて欲しい。

多分この3つのパターンに分かれることが多いと思う。

会社の指示通り仕事をする人

最も多いと思う。

良い意味で、きっちりやることやる人だよね。

悪い意味で、現状満足型という感じ。

少し前に、21卒就活マンさんとTwitterでも議論したんだけどね。

普通に、凄く実際に働くイメージがついているなぁって感じた。

そして、的を得ていると感じたので、引用しますね。

多くの人は、中間層的なイメージというか、不満もあるけど、まぁやるかーって感じ。

これは、本当にマジョリティーなんだよね。

『会社の指示通り』にきっちり仕事をする人ね。

おそらく最も多い層だと思う。

現状に満足もしているので、ほとんど転職はしない層だと思うよ。

でも、この層がいないと会社は成り立たないんだよね。

めちゃ重要な役割なわけだが、個人的にはこれではモチベーション維持できない。

これは、お互いの価値観の違いだからお互いに許容するし、許容される。

やるべき事はやってるんだから、文句を言われるわけがないよね。

何かと文句をつけて仕事しない人

会社のやるべき事なども『何かと先に文句を言って』やらない人。

できないは、その人の能力やスキルだけど、『やらない』は気持ちの問題だよ。

ぶっちゃけ、淘汰されて辞めていく人が多いよ。

やめる人は、自分に合ってないっていう人が多いけど、やるべきタスクをやれない人はどこにいっても成功しないから、こういう層には入らないようにしようね。

でも、一定数いる事は事実だから知ってて損はない。

そして、多くの場合大手に入社して満足してる人が多いよ。

もう、入ったからOK!的なイメージかな。

常に考えて仕事をする人

将来のビジョンやビジネスについてしっかり考えている人も多いよ。

大手で働けば、このような人たちに出会える確率は高いよね。

人は多いから。

そして、このような人たちは教えることに抵抗はないからね。

聞いて、盗んで、実行する

優秀な人の周りには、いつも優秀な人が集まっている。

そういう人達と仕事したいよねって思えるよ。

ひとつ言うと考えながら仕事するっていうのは、目的意識が明確ってことだと思う。

『会社でやるべきタスク』は、なぜやるのか?

その目的をわかっている人は、『やるべきタスク』を仕事の目的にしていないんだと思う。

簡単に言うと、『やるべき仕事』は仕事じゃないって感じの感覚。

やるべき仕事で得たい成果はなんなのか?

じゃあ、やるべき事を工夫したり、やるべき事を応用したりして得たい成果を最大化する事を考える。

だから、就活では『入社するためのビジョン』ではなく、『入社後のビジョン』を話すと良いと思うんよね。

やりたい事がないなら大手にいこう

難しく聞こえるけど、しっかり就活したら簡単だよ。

大手から100倍内定を貰える方法でも書いているけど、『大手に入りたい』ではなくて『大手で働きたい』って考えてみて。

そうすれば、自ずと入社後のビジョンを考えるからね。

大手に入れば、職種も多岐にわたるし、教育も充実している。

結果的に、待遇や収入も手に入るでしょうね。

何よりあなたに本当にやりたい事ができたとき、なんでも選べる多くの選択肢を持つ事ができる

社内でも良し、社外でも良しって事。

社内でやりたい仕事があれば、その職種を志望する。

社外でやりたい仕事があれば、転職する。

僕も、最初業界大手に入って多くの事を学んで、他にちょっとやりたい事ができたから大手に転職した。

その時の、ファーストキャリアは物凄く役立つよ。

リアルな話だと、面接では、『あの会社にせっかく入ったのになぜ辞めるの?満足じゃない?』からスタートだよ。

そしたら、『やりたい事』を話して、それが実現できる会社が御社!って心の底から言えるよね。

そしたら、具体的には?スキルは?

って話になるから、大手で教育も受けて、身についたスキルや思考をその会社に役立つように具体的に伝えるとその場で待遇・年収交渉って流れだよ。

本当にファーストキャリアは大切だし、なんでその会社辞めるの?って相手に思われるから、こちらの真意が伝わりやすい。

転職にも有利って一貫して言い続けているのは、そういう事。

あなたがなんとなく就活しているのであれば、尚更大手に行けるようにしよう。

転職は別に悪じゃないからね。

会社がもう嫌だ!もう辞める!→転職ってのはお勧めしないけどね。

やりたい事ができて、転職する時本当に役立つと思う。

スキルもノウハウも桁違いの経験値を持って転職できるよ。

っていう、大手のデメリットは皆無だと思う個人的な考えです。

個人的には、ここだ!って思って入った会社がなんか違った時、あなたには選択肢はできるだけ多く持ち続けて欲しいだけなんだけどね。

その入社後のギャップを無くすために、業界分析とか職種分析とか企業分析をお勧めするだけだからね。

今は、就活のためにやることやってるかもしれないけど、ちょっと視野を広く持つと良い就活になるじゃないかな。

あなたの就活がうまくいきますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったらFollowしよう

今日の就活日記Latest articles in category

NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG