注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就活のモチベーションが上がらないなら就活しない選択を考える〜就活3日坊主にならないために〜

リーマンショック就活氷河期に何とも言い難い就活を経験しました僕です。

就活のモチベって何でそんな続く?

皆同じスーツを着て、勢揃い。

皆同じような質問をされ、同じような回答をして、面接官への気遣いと細かいマナーに気をつける。

もはや、笑えてくる。

そもそも、こんなことをやる意味は?あるの?

と就活では一度は考えるかもしれないですね。

でも、人生の岐路かも? 

できれば嬉しく終わりたいですよね?

就職氷河期にどうしてたの?という疑問に答えていきたいですね。

就活のモチベーションを維持する4つのコツ

  • あなた自身を褒めてみよう
  • 就活開始の動機と就職継続の動機を整理しよう
  • 就活を続けるポジティブな動機を考えよう
  • 就活モチベーションが一時的に下がるタイミングを知っておこう

就活は、モチベーション維持が命です。

しかしながら、就活を続けていくとモチベーションが低下する事がよくあります。

実は、このモチベーションを維持する事は、多くの就活生が悩むポイントであり、他者と差をつけるポイントです。

無理にモチベーションは、あげなくていいです。

どちらかというと、モチベーションを下げない方が重要です。

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。

報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが才能だと思っている。

棋士 羽生善治

就活の三日坊主にならないために、そして、就活を成功させるために最後まで読んでください。

あなた自身を褒めてみよう

就活のモチベーションを維持する事は本当に重要です。

おそらく、就活を始めなきゃ!始めよう!と思う人は、ある程度モチベーションが高い状態ですよ。

それは、始めるのが遅かれ早かれ、自覚して自分を褒めてあげていいと思います。

まず、ここで自分を褒めましょう。

自分を褒める事は、就活では本当に大事ですよ。

今後、どうしてもうまくいかない事やうまく前に進まない事が待ち受けています。

その時に、モチベーションが一時的に下がったりするのも事実です。

なので、極力自分を褒めてあげましょう。

これは、社会人になっても大切なスキルです。

就活開始の動機と就職継続の動機を整理しよう

前述したとおり、就活を始めなきゃ!始めよう!やらなきゃ!と思う人は、既にモチベーションが高いですよ。

そこは、安心してください。

しかしながら、その時の感情は、おそらく『焦り』『不安』『心配』と言った少しマイナスの感情が大きいかもしれません。

多くの人がそのような感情を『動機』として、就活を始めます。

決して悪い事ではありません。

僕も、リーマンショック就職氷河期に、就活を始めよう!と思った動機も『ヤバイ』『不安』という感情が1番最初でした。

しかし、そういった負の感情

就活のモチベーション維持するには、この負の感情を就活を始める『動機』として考えましょう。

つまり、あなたが就活を始めたきっかけ《動機》は、『不安』『心配』『焦り』です。

でも、あなたが就活を続ける気持ち《動機》は『不安』『心配』『焦り』ではないという事です。

頭を整理しましょう。

あなたが常に不安や焦りに駆られる事はありません。

現にあなたは、既に就活を始めているわけですから!

褒めていいんですよ。

就活を続けるポジティブな動機を考えよう

就活を始めた動機は、マイナスの感情でも構いません。

しかしながら、就活を続けていく動機はポジティブに考えましょう。

究極、『就活好き!』って思えたら辛くないですよね?

具体的に、テスト勉強を思い出してください。

一般的に、テスト前はやる事が多くて辛い事も多いと思います。

○月●日△曜日にテストがあるとわかっていても、なかなかテスト勉強が進みませんよね。

もちろん、『不安』『心配』という気持ちからテスト勉強を始めると思います。

でも、その気持ちだけでは長くテスト勉強を継続する事は難しいですよね?

実は、物事を継続するためには、他の動機が必要なんです。

では、その気持ちを考えてあげましょう。

テスト勉強で考えると『テスト勉強が苦にならない人ってどんな人?』と考えてみましょう。

それは、簡単に言うと『勉強が好きな人』ですね。

もっと言えば、『勉強が楽しい人』とも言えます。

この人には勝とうと思ってもなかなか勝てないものです。

天才は努力する者に勝てず、

努力する者は楽しむ者に勝てない

孔子

天才は、努力する人には勝てない、そして、努力する人は楽しむ人に勝てないというわけです。

人は、好きなことをやっている時、楽しいことをやっている時は辛くても、なんか辛くないですよね?

そうであれば、『就活楽しい!』『就活好き!』と思う事ができれば、あなたは就活を続けていけるかもしれません。

そして、どの天才よりも就活でうまくいくでしょう。

個人的には、これだけでワクワクしてきますし、すごく前向きになれます。

でも、どうしたらそう思えるの?

これは、自分自身をコントロールするスキルです。

このスキルで僕は、常に楽しく仕事をしています。

中には、辛い仕事もありますよ。

でも、それは一時的である事が多いですね。

モチベーションを保つ方法は色々あります。

基本は、ポジティブに考える事ですよ。

これは、本当に生まれつきではなく身につくスキルなので身につけてください。

もちろん、楽しく企業分析できる方法も紹介しています。

就職氷河期でも今すぐ企業分析が100倍楽しくなる方法〜就職活動と恋愛の13スペック〜

常に”やらない”という選択肢を考える

ひとつだけ就活に悩んだり、苦しくなったり、辛くなった時の考え方を紹介します。

いろいろな所で役立つと思います。

  • 就活をやらない選択肢を考える

正直、就活は本当に辛ければ辞めてしまっても良いと思います。

あなたの人生を真剣に考えて、あなたの人生において必要なければ、就活はする必要は無いと思います。

今の世の中では、フリーランスや独立、起業など働く事は可能ですね。

正直、学生→【卒業】→就活だけが正しい道ではないですからね。

就活で辛い時や苦しい時は、そのようなことを考える時間も必要です。

そうすると、フリーランスや起業には、就活と違う大変さや辛さがありますよ。

それを知るだけで、あなたの就活に対する考え方が変わると思います。

僕も大手現役サラリーマンですが、恐らくサラリーマンは会社という組織に属し、その中で成長でき、会社や先輩からも教えてもらえるという環境がある程度あります。

会社という支えがあるから、積極的に挑戦できる大きなビジネスもありますよ。

今、就活を前向きに取り組めば、大きな財産になります。

なので、就活に意味ある?

なんてことを考えるようになったら、就活しない選択肢をたくさん考えましょう

そうすると、あなたが就活をする理由や意義、メリットがきっとみつかります。

この極論を考えることは、他のことでも有用ですので、覚えておきましょう。

そして、就活をやめる場合には、結果的に『就活をやらなかった』ではなく、『就活をやらないと決めた』を選択してください。

就活をやめない動機は、就活を続ける動機と表裏一体です。

参考までに他の記事も載せておきますね。

就活のモチベーション管理術

就活モチベーションが一時的に下がるタイミングを知っておこう

  • 選考を通過しなかった時
  • やりたいことが見つからない時
  • 自分の嫌なところばかり目につく時

就活だけではなく様々なモチベーションの低下は、その陥りやすいタイミングや環境を知っておくだけで回避できます。

なので、就活のモチベーションが下がるタイミングを知っておきましょう。

そして、それに対する回避術や対処法を手にしておきましょう。

選考を通過しなかった


就活に対するモチベーションを下げる一番の要因となるのが、選考を通過しないということかもしれませんね。

これは、想像できると思います。

あなたの第一志望の選考に通過しなかったら、おそらくものすごくショックだと思います。

まして、変に通過するなどと思っていた会社から不採用を言い渡されれば、あなたは、自信を失ったり、今後のモチベーションを失っていまう要因になるかもしれません。

なので、基本的には、まず全ての企業から内定が貰えるように最大の準備をしましょう。

とりあえずエントリーをやめておきましょう。

下手に自信を無くすのがわかっていれば、そのような就活はやめましょうね。

そのために日々ノウハウやスキルを配信しています。

そのために、今後も更新し続けたいと思います。

全ての企業から内定を貰うのは無理ではありません。

もちろん、同じES、同じエピソードで何社も出せば企業によって欲しい人財は違うので通過しない事もあるでしょう。

僕は、提出する企業毎にESは変えていましたし、アピールする自分の能力やスキルも変えていました。

考えて、やれば必ずできます。

そもそも、就活は、あなたの人生を否定したり、人間性を否定するものではありませんよ。

この時に、通過しない理由を自分の人間性とは思わないことです。

ただ、仮に選考に通過しなければ、あなたの就活の準備不足』と思うようにしてください。

そしたら、次に向けてもっと準備する活力になります。

正直、中途入社不可という会社以外は、その会社に入るチャンスはこの先何度もありますよね?

新卒採用の一度きりではないですよ。

転職してでも入りたければ、社会人でスキルを身につけて、チャレンジしましょうよ。

なので、いちいち気にしないように。

もっともっと視野を広く持ちましょう。

やりたいことが見つからない

これは、自己分析の時に陥りやすいモチベーション低下の要因ですね。

また、第一志望の会社が通過しなかった時などでしょうか。

この時に、やりたい事が見つからない事態になるかもしれません。

その時は、今までの『やる気が出た事』『モチベーションが上がった事』は何だったかを分析するいい機会です。

それによって、あなたがどのような価値観で、何に楽しみを感じながら、普段から行動しているかを改めて知る事ができます。

そのようなことを知ることができれば、将来やりたいことも新たに見えてくると思います。

意外と日常生活の中に、ヒントが隠れている事がありますよ。

自分の嫌なところばかり目につく時

こちらは、別の記事でよりポジティブに自分のことを分析できる方法として紹介しています。

短所と長所は、表裏一体ですよ。

短所が多いという事は、長所が多いという事です。

そういう気持ちが大切です。

就職氷河期でも、今すぐあなたの短所を全て長所変える自己分析の方法と3つのステップ〜Positiveな就職活動の自己分析〜

さいごに就職氷河期の就活経験から

就活におけるモチベーションの維持は決して簡単ではありません。

もし就活が辛くなったら、そういう時は、絶対就活をしなければならない!と思ってしまいがちです。

そんな時は、より柔軟に、より自由に、あなたの将来を考えましょう。

第一志望に通過しなくても、本当にその会社に入社したいと思うのであれば、転職すれば良いですよ。

ただ、皮肉なことに、そう思って社会人で転職する人は見た事がないです。

そういう人は、結果、その時入った会社で満足してしまう程度の志望動機だったのです。

逆に、その会社に入れなければ転職してでも行きたい!と思っていれば、その会社に入れるということです。

また、やりたいことが見つからないならば、とりあえず働きながらそれを探してみましょうよ。

お勧めは、大手企業ですよ!

環境や職種選択、多くの人に囲まれてやりたい事が見えてくると思います。

そのようにより幅広い視野で、余裕を持って、就活していきましょう。

そうすれば、決して就職氷河期であれ、辛い、苦しい就活にはなりません。

そして、どこかで自分の可能性や将来を楽しみながら就活をしていきましょう。

あなたの就活がうまくいきますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったらFollowしよう
NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG