注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就職氷河期にやるべき事とやらない事!就活が『圧倒的』に効率的になる方法と3つの手順

  1. 就職活動と就職雑務の整理
  2. 就職活動スケジュールから逆算
  3. 優先順位を明確にする
就職活動が圧倒的に効率的になる手順 作図 syusyokulife

就職活動は、長期戦です。できるだけ、効率的に進めていきたいと思っていると方もいると思います。

今回は、就職活動が『圧倒的に』効率的になる手順をご紹介します。

特に、初めて就職活動を始める人は、今後待ち受ける『やる事山積み』状態を回避すべく、参考にしていただきたいです。

就職活動と就職雑務を整理しよう

  • 就職活動
  • 就職雑務

多くの人が就職活動として自ずと意識していることが、いち社会人から見ると就職活動を非効率的にしてしまっていると感じます。

また、多くの場合あなたの就職活動が非効率的になるだけではなく、就職活動で自己満足を感じてしまう要因になりますので、本当に注意が必要です。

失敗しない就職活動を進めるために、今一度整理しておきたいと思います。

就職活動

  • あなたの行きたい会社を見つける事
  • あなたのやりたい事を見つける事

結果として、就職活動においては『あなたの行きたい会社に入社する事』が最大かつ重要な目的です。

今、このような事は当たり前と思っていると思います。

しかしながら、絶対に覚えておいてください。

就職活動を始める前は、当たり前と思っていても実際に始めるといつしか目的を見失いがちです。

就職活動で苦しくなった時やモチベーションが下がった時などは、ここに絶対戻ってきてください。

そうする事で、必ず活路が見いだされます。

就職雑務

  • インターンシップへのエントリー
  • 会社へのエントリー
  • 履歴書・エントリシートの提出
  • 各種交通の手配 等

筆者は、上記のリストを『就職雑務』と表現しております。

一見、就職活動で必須の項目です。

しかしながら、多くの人がこのような項目に振り回される事になります。

失敗しない就職活動を行うためにも、この就職雑務の扱い方を覚えておきましょう。

この就職雑務を効率的に行う事が、確実に就職活動を効率よく進めるポイントになります。

就職雑務は『手段』であり『目的』ではない

就職雑務は、あなたの『目的』ではありません。

ここは、すごく大事なポイントなので、具体的に解説します。

手段と目的を明確にする事 syusyokulife 作図

《解説》

A社に入社する事が大きな目的です。

しかしながら、就職活動を進めていくと、元々入社するための『手段』であったはずのエントリーする事、エントリーシートを書く事やエントリーシートを提出する事を『目的』にしてしまう人が多いです。

そういう方は、「まずは、A社にエントリーしないと!A社のエントリーシートを出さないと!」と思いがちです。

エントリー申請やエントリーシートには期日がありますので、その気持ちは十二分に理解できます。もちろん、期日の確認は重要です。

でも、その時が訪れるとすれば、A社に本当に入社したい人と既に圧倒的な差がある事を感じてください。

どのように差が出るかを簡単に解説します。

本当にA社を志望している人は、A社に入社し、その会社でやりがいのある仕事をしたいというビジョンをもってエントリーシートを作成し、提出します。

後者は、A社へのエントリー申請やエントリーシートを提出、書類審査通過を目的として、エントリーシートを作成し、提出します。

就職活動の採用担当者は、人を見抜くプロです。甘くみてはいけません。

前者が通過する可能性が高く、後者は通過しない可能性が高いです。

逆に、この段階で差をつける事ができれば、圧倒的な差をつけて書類審査通過および採用面接に望む事ができるということです。

絶対にあなたの目的と手段を混同しないでください。

混同しないためにも、就職雑務として覚えておいてください。

今後の社会人生活をちょっとだけ豊かにするポイントでもありますので、要チェックです。

就職活動スケジュールから逆算して始めよう

筆者の考える2021年卒 就職活動スケジュール syusyokulife作図

スケジュールから逆算し、今できる事、やるべき事を明確にしましょう。

まだまだ先と考えていては、圧倒的な差をつける事はできません。むしろ、差をつけられてしまいます。

「準備とは、言い訳を排除すること」

イチロー

失敗しない効率的な就職活動には、徹底的な準備が必須です。

明確にしておく事で必ず後々効率的な就職活動を行う事ができます。

今『やる事』と『やらない事』を明確にしよう

何をやるかより、何をやらないかが大切だ

利根川 進

今やる事を明確にし、今やらない事を考えていきましょう。

就職雑務はいずれやります。やらなければならない時期が必ずきます。

その時により効率的に就職雑務にとりかかれるよう、今から準備をしていきましょう。

就職活動の優先順位〜少し焦りを感じている人へ〜

  • 就職したい企業や会社が明確な人
  • やりたい仕事が明確な人
  • どちらも当てはまらない人

優先順位は難しい課題かと思います。特に、就職活動の時間の限られている方向けのご紹介になります。

今回は3パターンに分けてご紹介していきます。

就職したい企業や会社が明確な人

  • 企業分析は終わっている。
  • 自己分析を中心に始めよう。

恐らく、このパターンの人は就職したい企業が明確で、その企業のことはよくご存知かと思います。

もし、企業のことはあまり知らない中で、漠然と行きたいという方は、このパターンではありませんのでご容赦ください。

このパターンでは、自己分析を中心に行う事をお勧めします。

なぜなら、その会社の強み、理念、業務内容を理解した上で、あなたの能力や強みをどこで発揮できるかが採用の鍵になるからです。

その活かせる強みを見つけるためにも、自己分析を徹底して行って行きましょう。

やりたい仕事が明確な人

  • 自己分析はある程度完了している。《継続必須》
  • 業界・職種分析から始めよう
  • 業界は大手から仕事内容を見ていこう

やりたい仕事が明確な方は、恐らくあなたがやりたい事は明確になっているかと思います。

それであれば、そのやりたい仕事ができる会社を探しましょう。

業界分析では、大手から見ていく事をお勧めします。

なぜなら、大手ははるかに多い職種募集を行っています。職種が細分化されている大手から見ていく事で、あなたの本当にやりたい事を実現できる会社を見つける事ができます。

どちらでもない人

  • まず自己分析から始めよう
  • 業界分析・職種分析は聞いた事がある会社を知ろう
  • 気になった会社はチェックしておこう

真っ先に自己分析を行いましょう。そして、時間の限られた方は危機感を持って取り組みましょう。

興味のある業界から分析し、聞いたことある会社をまずは見てみましょう。

職種もイメージに囚われず、まず知るところから細かく分析していきましょう。

簡単にいうと、やる事山積み状態です。

一気に追い上げるためにも今から始めましょう。

目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。

マイケル ジョーダン

一生の内で本当に大事な時期ですので、時間を明確に使い分けて取り組みましょう。

近道はではないかも知れませんが、筆者が通ってきた道はお示しできます。

あなたにあった就職活動の手順で始めよう

あなたにあった就職活動を始めよう syusyokulife作図

就職活動は、その人にあった活動法があります。

あなたにあった就職活動を見つけ出し、今から始めましょう。

あなたの就職活動がうまくいきますように。

この記事が気に入ったらFollowしよう

就職活動Latest articles in category

NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG