注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

就職氷河期でも関係なし!ジョハリの窓を活かして効率的に自己分析を進める方法

ジョハリの窓概要 syusyokulife 作図

ジョハリの窓を理解しよう

就職活動は、社会人としっかりとしたコミュニケーションを取る必要があります。

これは、就職活動だけではなく社会人生活をより豊かに過ごすために大切なことです。

自己分析をしながらそのスキルを身につけていきましょう。

ジョハリの窓を活かした自己分析はこのような人にお勧め

  • 自分の事を人に伝えるのが苦手な人
  • 自分にあまり自信のない人
  • 自己PRを伝わるように書きたい人
  • 書類選考や面接時の頭の整理もしたい人

ジョハリの窓を活用する目的

ジョハリの窓は、自己分析に使用する心理学モデルの一つであります。

なので、自分史の活用と同様に、決して就職活動を行う際に必須で取り組む事ではありません。

自分をより良く知るために、ジョハリの窓という自己分析手法を使うと得られる事が多いというだけです。

目的は、あくまでも『自分を知ること』です。

あなたが見た自己と、他の人から見た自己の情報を分析することで、次から紹介する4つの窓に区分して自己を理解していこう!というものです。

ジョハリの窓における4つの窓を整理しよう

  • 自分も他人も知っている自分《開放》
  • 自分は気づいていないが他人は知っている自分《盲点》
  • 他人は知らないが自分は知っている自分《秘密》
  • 自分も他人も知らない自分《未知》

開放の窓

開放の窓 syusyokulife 作図

開放の窓は、自分の分析と他人からの分析が共通している項目です。

つまり、「自分も知っていて他人も知っている自分の個性」です。

この窓の項目が多い場合、自分の個性や能力などを他人に伝わるように表現できている。と言えます。

ここは、就職活動においても重要なポイントですので、チェックしておきましょう。

Check Point

  • 開放の窓に長所があれば、それは大きな武器になる
  • 開放の窓に短所があれば、意識して改善する事ができる

秘密の窓

秘密の窓 syusyokulife 作図

秘密の窓は、「自分は知っているが他人は知らない自分の個性」です。

この窓の項目が多い場合、あなたが心の内に秘めている部分が多く、あなたの個性をうまく表現できていないと考えられます。

ただし、この窓は注意が必要です。

なぜなら、あなたが意図的に表現していないことも多く含まれるからです。

ここで、重要な事は意図していないにもかかわらず、表現できていない事がないかを探していく事です。

あなたの個性をうまく表現できていないという場合は、より意識的に表現してみましょう。

この窓のキーワードは、『表現』です。

それによって、この項目は開放の窓に変わる可能性が高い項目です。

あなたが元々知っていて、他人が知らない事ですので、『表現』をあなたの意識で変えられる事ととも言い換えられます。

Check Point

  • 秘密の窓にある長所は、うまく『表現』することを意識する
  • 秘密の窓にある、知られたくない事は心に留めてよい

盲点の窓

盲点の窓 syusyokulife 作図

盲点の窓は、「自分は知らないが他人は知っている自分の個性」です。

この窓の項目が多い場合、あなたの自分自身の分析がうまくできていない事になります。

または、あなたが自分のことにも関わらず気付いていない部分が多いという事になります。

この項目は、就職活動において多くの気づきをあなたに与えてくれます。

就職活動においては、この項目は自分をより深く知る事に役立てることができます。

あなたの知らない自分にで会える機会と捉えて前向きに解釈していきましょう。

Check Point

  • あなたの知らない自分に出会える楽しみを感じよう。
  • 知らない自分に長所があれば、取り入れよう。
  • 自分の知らない短所は、少しずつ受け入れて改善しよう。

未知の窓

未知の窓 syusyokulife 作図

未知の窓は、「自分も他人も気付いていない個性」です。

もしくは、まだ開花していない個性ともいえます。

言い換えれば、自分自身の今後の可能性です。

あなたの可能性を感じながら取り組んでみてくださいね。

この先、あなたの成長や自己開発する事があれば、この窓を狭くしていき、他の3つの窓に広げていく事で成長していくことができます。

Check Point

  • 就職活動では、未知の窓に当てはまる自分の個性を知っておこう。
  • 今後の自分の可能性を感じよう。

ジョハリの窓のポイントを確認しよう

  • 相手がいて初めて成立する分析であること
  • あなたの個性の表現がどれだけできているか知る事ができる
  • より客観的に自分を知るきっかけとなる
  • あなたの知らない自分に出会える

ジョハリの窓を活かした自己分析を行うには、このポイントを抑えておく必要があります。

ジョハリの窓を活用すると、他の人とのコミュニケーションにおいて、あなたがあなた自身をどれだけ表現する事ができているかを知る事ができ、現在の自分をより客観的に知る事ができます。

この事は、あなたがこれから社会で生きていくためにも、本当に必要な事になります。

社会には、自分と多くの他人がいます。

自分を知るという事は、自分の長所や短所といった個性をどれだけ知っているかも勿論重要です。

しかし、他人にその個性がどのように伝わっているかを意識し、相手への見え方も含めて自分の個性を知っている事は本当に大切です。

あなたの知らない自分に出会えるいい機会にもなります。

あなたについてしっかり考えてくれる友人や身の周りの人と一緒に活動してみてください。

ジョハリの窓を使った自己分析が就職活動に役立つ3つのポイント

  • 『表現』を意識した自己分析が可能になる
  • 『表現』するべき事としなくて良い事が明確になる
  • 社会に沿った自己分析ができる

『表現』を意識した自己分析

表現を意識しよう syusyokulife 作図

就職活動において、大切なステップである書類選考や面接などで、あなたの長所や短所の伝え方を工夫できるようになります。

それにより他人に対して、より良い印象を与える事に繋がります。

あなたが伝えやすく、伝わりやすい事はそのまま表現できます。

また、伝わりにくい所は工夫してより伝わりやすくする事で簡潔に伝える事ができます。

『表現』するべき事が明確になる

表現すべき事を明確にしよう syusyokulife 作図

この分析が理解でき、うまく扱えるようになると、あなたはその時々で他人に見せたい自分を、最も良いタイミングでより良く表現できるようになります。

また、見せたくない自分をうまく見せずに過ごす事も可能です。

つまり、面接時などに面接官に対して、的確にあなたの強みを伝え、弱みは理解した上で表に出さないという事が可能になります。

この武器は絶対に手に入れておきましょう。

より社会に近い自己分析ができる

自己開発とコミュニケーションを意識しよう syusyokulife 作図

今までもそうですが、社会に出ると様々な人とコミュニケーションを必要とします。

たとえば、コミュニケーションする人達の年齢も多岐に渡ります。

その時に、自分の個性の表現をうまく使う事ができればあなたの社会人生活は、ちょっとだけ豊かになります。

就職活動では、面接を通過していくほどあなたの事を多く聞かれます。

その時に、面接官や人事担当者などと社会人としてのコミュニケーションが取れると有益である事は間違い無いですね。

あなたの就職活動がうまくいきますように。

この記事が気に入ったらFollowしよう
NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG