注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

“今”からあなたの就活を見直そう!自宅で”今”できる就活を整理してみた〜できる事からやるしかない〜

昨今の状況は、僕の就活時代の前によく似ている。

僕もリーマンショック、世界金融危機世代の就活を経験してきた。

直近で緊急事態宣言が発令され、全国的に人の移動や経済活動が異常とも呼べるまでに制限されている。

先日、厚生労働省が4月28日に発表した有効求人倍率は1.39倍であり、3年半ぶりの低水準であった。

また、4月以降も悪化していく可能性がある。

ちなみに、リーマンショック就職氷河期時代の2009年の7月には有効求人倍率は0.43倍まで落ち込んでいる事実がある。

そのような中でも、就活は待ってはくれない。

僕の時もそうだったように、おそらく待ってはくれないと思う。

なので、当時の経験を乗り越えてきたメンタルと合わせて、”今”自宅でもできる就活を整理し、役立ててほしい。

就活生の現状と課題

新型コロナウイルスの影響により、3月から大手就活サイト主催の合同企業説明会が開催延期になったり、企業の選考活動も止まってしまっている状況である。

特に、直近の21年卒の新卒採用枠を見直す動きまで出てきて、21年卒の就活には大きな影響が出ている状況だと思う。

22卒からも影響は、間違いなく出てくると思って行動しておいて損はないと思う。

《現状》

  • 景気の先行きが見えず、21卒以降の新卒採用の見直し【採用数縮小など含む】
  • 採用する企業側もテレワークなどで、採用スケジュールが円滑に進まない
  • 現状を打破する事で精一杯
  • 決算も赤字になる企業があり、今後の人財への投資に躊躇している

《課題》

  • 『企業合同説明会』の開催が難しい
  • 対面面接が遅延もしくは中断している
  • 最終面接はどうしても対面が多く、実施しづらい

課題は、やはり対面形式の面接は現状大きな課題であることは間違いない。

その対面面接の遅れが、そのまま就活スケジュールの遅れを生んでいる状況でもある。

もちろん、企業合同説明会の実施がなく、エントリー期間の延長も同様に課題としてあるかもしれない。

就活生にチャンスはあるだろうか?

《チャンス》

  • エントリー企業を再考しよう
  • 各種分析を今一度十分に行おう
  • 面接対策/準備に時間をかけよう
  • Web面接は必ず想定しておこう
  • 十分な情報収集を行おう

上記の内容は、今自宅でもすすめられる就活です。

特に21卒は緊張感を持ってやっていきましょう。

リーマンショックの時も、どんどん就活状況は悪化していきました。

備えましょう。

エントリー企業を再考しよう

エントリー企業を再度見直してみましょう。

今だからこそ出来ることです。

ただエントリーを増やすという意味ではありません。

今の状況をより反映させた企業選択をしていきましょう。

Check Point

  • 今の社会状況から復活できる業界は?
  • 今の企業の業績は?
  • これから発展する業界や企業は?
  • 他に自分に興味のある業界や職種や企業は?
  • エントリー期日延期の企業を見てみよう

上記のポイントを意識して再度あなたに合った仕事を考えてみてください。

この自粛であなたの価値観も変わっているかもしれません。

これだけ新型コロナウイルスの影響があれば、サイエンスや医薬品業界にも少し興味が出てくるかもしれません。

そのような自分自身の変化と社会の変化、企業の変化を捉えておきましょう。

そして、その感情変化は『動機』になりますよね。

そして、エントリー出来そうな企業があれば、今の時間を使って各種分析を一気に就活をすすめましょう。

今効率的に企業を探すためには、エントリー延長のスケジュールを確認してみましょう。

中には、あなたの志望業界の中で、見過ごしている企業があるかもしれません。

からでもオファー型の就活サイトに登録を

これは、単にあなたがオファーが貰えるという意味ではありません。

この状況でオファーを出すもしくは出すことができる企業や業界を知っておくと言うことです。

この状況でオファーが出せる企業は、この状況下でも業績に影響が出にくい業界や企業かもしれません。

そのような社会の状況を把握するためにも登録をしておきましょう。

オファー型就活サイト

  • キミスカ
  • Offer Box
  • ねっとで合説

【キミスカ】

キミスカ

スカウト型のお勧めサイトです。

今から就活をはじめる方は、適性検査が優れていますので参考までに。

企業から直接特別選考のスカウトをもらうことができるサービスがあります。

時間があるときにプロフィールを更新してみてはどうでしょうか。



【OfferBox】

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

offerBoxの利用学生数は、19万人以上であり、就活生の4人に1人が登録しています。

人気の理由は、利用している企業数が5600社以上であり、大手企業をはじめベンチャー企業や官公庁(経産省)も利用しています。

おそらく、もう登録済みですね。



【ねっとで合説】

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説

他のナビサイトでは知ることができない情報が欲しいかたは是非。

また、企業分析が苦手な方は、最近見慣れている動画を使って情報が得られます。



この状況でも新卒採用に前向きな業界をチェックできます。

各種分析を今一度十分に行おう

  • 自己分析
  • 企業分析
  • 業界分析
  • 職種分析

4つの分析に十分な時間を使いましょう。

前述したとおり、自己分析は『今の状況』で価値観が変わったり、社会のもとめている事が見えたりする事で大きく変わっている可能性があります。

今一度自己分析を行うと違う発見があるかもしれません。

また、業界、職種、企業分析も社会の変化で変わっているかもしれません。

いえ、ほとんどの企業が変わっていますよ。

特に業績には目を通しておくといいでしょう。

現に、大手と呼ばれる企業でも赤字決算は当たり前の状況です。

今の企業の置かれている状況をしっかりと確認しましょう。

そして、多くの記事で述べてきましたが、面接や提出書類の結果に直結するのはこの4つの分析の質です。

最後には、頭の中がクリアになりますよ。

是非、この4つの分析を再度すすめる時間にしてみてください。

面接対策/準備に時間をかけよう

  • 想定質問への回答をブラッシュアップ
  • 各企業毎の面接質問集を作成、分析
  • 面接練習

今、面接の時間を貰っている企業は凄く貴重です。

エントリーも止まっている状況で、面接に進んでいる企業があるのであれば、そこに集中してもいいと思います。

どの企業でも想定される質問を再度ブラッシュアップして、完璧の完璧に近づけていきましょう。

また、各種企業毎の面接質問集を作り、傾向と対策を立てましょう。

こちらは、他の記事で紹介しています。

面接練習は必須です。多くの就活生が準備していると思いますので、面接事のコミニュケーションスキルを意識して練習しましょう。

そうする事で、『伝える』面接から『より伝わる』面接に近づけていきましょう。

面接については、直近で多く紹介しています。

長いので目次で『スキル編』まで飛んでくださいね。

Web面接は必ず想定しておこう

今の状況で確率が高いのは、Web面接やオンライン面接への移行です。

もう既に進めている企業はあると思います。

これから、間違いなく加速するはずです。

エントリーが中断している企業などで、エントリー再開したら1次面接はオンラインで面接をします!ということは全然あり得ます。

事前アナウンスが変わる事も十分にあり得ます。

企業は今準備をすすめているはずです。

あなたも最大限の準備をしておきましょう。

もう一つ今の状況で効率的な就活方法は、就活エージェントの活用ですね。

就活エージェントは、自己分析の添削から面接対策まで無料で行ってくれます

そして、今Web面接対策までフォローしてくれるサービスもあります。

新卒で誰かに相談するのはハードルが少し高いかもしれませんが、転職経験者からするとエージェントをつけるのは凄く一般的です。

エージェントには、エージェントのビジネスモデルがありますから、無料で相談に乗ってくれるのは当たり前ですよ。

後から課金などは一切ありません。

転職時は、様々なエージェントに相談しながら、すすめていました。

個人で、相談や添削でお金を取る人がいますので、それより俄然親切ですよ。

エージェントサービスの収益モデルはそこではありませんからね。

エージェントサービスは、そこで絶対に収益を上げませんよ。

エージェントの顧客《ビジネス相手》は、提携企業ですからね。

エージェントで添削や対策にお金を取るところは全て怪しいので覚えておいてくださいね。

なので、今の状況で活用しない手はないです。

《就活エージェントサービス》

  • digmee
  • job spring

【digmee】

就活をスマートに 次世代の就活サービス【digmee】

企業人事から直接フィードバックを得られる就活エージェントサービスです。

特にLINEで隙間時間に就活できるので、登録しておくのはありだと思います。

LINEで就活【digmee】

忙しい就活の中で、LINEで隙間時間を有効活用したいならこのサービスは合っていると思います。

【job spring】

早期内定を実現

オンライン/Web面接までしっかり対応してくれそうですね。

今のタイミングならしっかりサポートしてくれると思います。

お勧めですね。



十分な情報収集を行おう

今は、時間がある時期ですね。

十分な情報を集めましょう。

今までの事にもつながりますが、今は『Webによる企業説明会』には注意しておきましょう。

あなたのいきたい企業がWebで企業説明会をする事があれば、参加はマストです。

そのままエントリーできるツールもありますし、質疑応答をテキストや直接できる機会もあります。

是非、集められる情報は集めていきましょう。

この状況が解消された時にはフルスピードで一気に駆け抜けて行けるようにしましょう。

就職氷河期第7世代”の僕から

最後までお読みいただきありがとうございました。

この状況で、非常に辛く、苦しい状況だと思います。

Twitterなどでリプ、DMで応えられることは応えていきます。

なんとか、この状況が好転する事を願っておりますが、好転した時あなたが就活で誰よりも前を走っていて欲しいです。

この記事が気に入ったらFollowしよう

就職活動Latest articles in category

NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG