注目キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 就職活動
就職氷河期経験の現役大手サラリーマンが更新中!“ちょっとだけ”人生を豊かにする就職/転職活動のコツBLOG

Web/オンライン面接の完全攻略ガイド2020

Web面接完全攻略ガイド2020

近年、Web面接が増えてきています。

筆者も転職の際には、最終面接以外はWeb面接で面接を行いました。

つまり、失敗しない就職活動を行うためにはWeb面接を知り、Web面接を攻略していかなければなりません。

新たな取り組みが生まれているわけですから、就職活動も新たな取り組みに対応していく必要があります。

誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。

カール ルイス
目次

新型コロナウイルスによりWeb面接の活用が加速

Web面接の活用加速

新型コロナウイルスは、日本でも猛威を振るっています。

この社会環境の変化により、『Web面接』はより注目度が上がっています。

実際に、筆者も『テレワーク』という形で、会議や打ち合わせ等ほぼ全ての事がWebツールを使った形式に切り替わりました。

同じ場所で会議をする必要がなくなったのです。

この流れは、間違いなくあなたの『就職活動』にも影響してくると思います。

そのため、就職活動に役立つ『Web面接完全攻略ガイド』として、経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

就職活動におけるWeb面接のメリットとデメリット

Web面接のメリットとデメリット

現在、社会的に距離を取る事として『テレワーク』が推奨されています。

これは、新型コロナウイルスの拡大防止という観点です。

では、『就職活動』にフォーカスした場合のメリットとデメリットはなんでしょうか。

メリット・デメリットを企業側と学生側に分けてみていきます。

就職活動におけるWeb面接のメリット《企業》

  • 就職活動のコスト削減
  • より多くの優秀な人材に出会える可能性
  • 採用時のミスマッチのリスクを低減できる
  • 社内の人材育成に有用
  • 学生の応募ハードルが下がる可能性  等

簡単に見ていきましょう。

就職活動のコスト削減につながる

企業も就職活動では、多くのお金を投資しています。交通費、宿泊費、会場費等多くの投資を行っています。

そのコストがWeb面接によって低減できる可能性があります。

間口が広がり優秀な人材に出会える可能性が増える

遠方に住んでいる学生や就職希望者からの応募が増える事が想像できます。Web面接を実施すると物理的距離がゼロになります。

つまり、どこからでも応募ができ、面接できる仕組みという事です。

魅力的な企業であれば、間口が広がる事でより多くの人材が応募できる事になります。

採用時のミスマッチのリスクを低減できる

企業側としては、会社に欲しい人材を採用するという目的があります。

Web面接により、効率的に人材を見つけ出す事ができるようになります。

なぜなら、面接の回数を増やすことが可能になるからです。

社内の人材育成に有効活用できる

企業は、社内の人材育成も重要です。

Web面接導入により、先輩社員の採用面接を研修で利用できたりするかもしれません。

学生の応募ハードルが下がる可能性がある

物理的距離をゼロにする事で、学生の応募ハードルは下がるかもしれないです。

例えば、東京に行かなければならない面接を自宅でできる事になると応募してみようと思いますよね。

就職活動におけるWeb面接のメリット《学生》

  • 入社後のミスマッチのリスクを低減
  • 就職活動の費用負担が軽減
  • 在住地に関わらず面接を受けられる
  • スケジュールが管理しやすい
  • 緊張感が低減する可能性     等

学生及び求職者のメリットを見ていきましょう。

これは、就職活動をする人にとっては重要なポイントです。

入社社後のミスマッチのリスクを低減できる

あなたが入社した際に、『思っていた会社と違う。』という思いを出来るだけ少なくできる可能性があります。

採用段階でより企業のことを知る事ができるためです。

対面の面接よりも面接回数も増えるかもしれません。

就職活動の費用負担が軽減する

就職活動での交通費や宿泊費などは一時的に建て替えたりする事があります。

まして、交通費や宿泊費は自腹というところも少なくありません。

そうなるとWeb面接で現地に足を運ぶ必要がない事は、コスト面で多くのメリットになります。

在住地に関わらず応募が可能になる

コスト面とも関係してくるかもしれませんが、あなたの住んでいる場所に関わらず応募する事、面接する事が可能になります。

あなたはより多くの企業を探し、行きたい会社に自由に応募する事が可能になります。

就職活動スケジュールが管理しやすい

就職活動で問題になるのはスケジュール管理です。

同日に2つの会社の面接が入り、辞退しなければならない事もあるかもしれません。

そのような事がなくなります。

同日にWeb面接であれば、時間を変えるだけで面接に望む事ができます。

非対面のため緊張感が低減する

初対面かつ対面の面接だと物凄く緊張感してしまう人もいるかもしれません。

非対面の面接をプラス要素として捉える事もできます。

非対面で顔合わせし、最終面接は顔馴染みの面接官もいる中で対面の面接が行えます。

就職活動におけるWeb面接のデメリット《企業》

  • 通信面のトラブルの可能性がある
  • 非対面のコミュニケーションスキルが必要
  • グループディスカッション形式が難しい
  • 企業風土・雰囲気が伝わりにくい
  • 学生のリアクションが見にくい
  • 学生のIT環境やスキルに差が出る   等

通信面のトラブルが起こる可能性がある

両者に共通しますが、通信面のトラブルは想定しておく必要があり、トラブルが起こった際に面接スケジュールが乱れてしまう事が想定されます。

非対面コミュニケーションスキルが必要

両者に共通しますが、非対面でのコミュニケーションスキルが必要になります。

慣れていないとスムーズに進行できない可能性があります。

実際、筆者も『テレワーク』での会議も難しさを感じておりますので、慣れが必要だと思います。

グループディスカッション形式の面接は難しい

『テレワーク』で多くの会議や打ち合わせをしている中で、最も難しいのがディスカッション形式の会議です。

就職活動に置き換えると、グループディスカッション形式で面接する場合は難易度が高いと考えられます。

企業風土や企業の雰囲気が伝えにくい

企業としては、対面での面接で企業風土や雰囲気を感じて欲しいと思っているかもしれません。

しかしながら、対面と非対面では雰囲気の伝わり方は異なる印象です。

学生のリアクションが見えにくい

両者に共通しますが、学生や求職者のリアクションが見え辛いとおもいます。

コミュニケーションを取る上で、リアクションが見え辛いことはデメリットとなり得ます。

学生のIT環境やスキルに差が出る

学生や求職者のIT環境やスキルはなかなか個別に整える事ができません。

上手なアナウンスやマニュアル等の配布が必要になると思います。

就職活動におけるWeb面接のデメリット《学生》

  • 通信面のトラブルの可能性がある
  • 非対面のコミュニケーションスキルが必要
  • 面接の雰囲気が掴みにくい
  • IT環境、スキルに差が出る    等

通信面のトラブルが起こる可能性がある

両者に共通しているデメリットです。

トラブルは、100%起こらないと言えないので注意が必要であり、トラブル回避のスキルを知っておく必要があります。

非対面のコミュニケーションスキルが必要

両者に共通しますが、非対面のコミュニケーションにはスキルが必要です。

初対面の人と非対面でコミュニケーションする難しさを心得ておきましょう。

面接の雰囲気が掴みにくくなる

両者に共通しますが、お互いリアクションが見にくい面接になります。

相手の反応を得にくいと言うことは、自分の反応も伝わりにくいと言うことです。

より自分の事を正確に伝える工夫が必要になります。

IT環境、スキルに差が出てしまう

企業側のIT環境はしっかりしている事が多いでしょう。

しかしながら、個人のIT環境は人それぞれです。

あなたのインターネット回線速度、デバイス等で対応できるのか、早めに確認しておく必要があります。

また、接続手順も必ず確認しておきましょう。

Web面接で気をつけるたった6つのポイント

  1. あなたの所在地に囚われず行きたい会社を探そう
  2. あなたのIT環境とスキルを確認しよう
  3. Web面接の場所を決めておこう
  4. 実際に試しにやっておこう
  5. 非対面コミュニケーションスキルを習得しよう
  6. Web面接でのマナーを守ろう

Web面接であなたが気をつけるべき6つのポイントを見ていきましょう。

あなたの所在地に囚われず行きたい会社を探そう

あなたの行きたい会社を探そう

最大限にこのメリットを活かせるようにWeb面接実施の企業は見ていきましょう。

あなたの行きたい会社の幅を広げる事ができるチャンスです。

また、あなたの企業選択にWeb面接開催の有無を入れてみてはどうでしょうか。

実際、『テレワーク』が行われている企業は、面接もWebに切り替える事が想定できます。

入社した後の働き方という面でも、Web面接を取り入れている企業は、不測の事態に『テレワーク』に切り替えられるツールを持っている事を意味します。

あなたのIT環境とスキルを確認しよう

  • あなたの通信回線をチェックしておく
  • 各企業ごとのWeb面接ツールの確認

Web面接を実施する上で、重要な要素です。

あなたのIT環境によって、通信速度や通信安定性、画質等が変わってきます。

また、スキルに関しても重要です。

IT関係に苦手意識を持たずに、早めにチャレンジしておきましょう。

社会人になってからも、業務の効率化という面でITスキルは非常に重要です。

Web面接の場所を決めておこう

  • 通信環境が安定した場所
  • できるだけ静かな場所
  • 背景を意識したデバイス《スマホorPC》の配置場所

上記のポイントを意識してWeb面談の場所の選定を行いましょう。

筆者は、自宅の壁を背にしてPC を設置しています。

また、必ずスマホやタブレットであれば、固定できるスタンドを準備しておきましょう。

任天堂Switchなど他のスタンドで代用できるものもありますので、家庭にあるものでしっかり固定しましょう。

実際に試しにやってみよう《大切》

Web面接攻略で最も重要なことは、慣れです。

実際に、設置場所を決めたら友人や家族と一緒に使ってみてください。

このご時世です。いつあなたの面接がWeb面接に切り替わるかわかりません。

できるだけ早く試してみてください。

《Web面接完全攻略》非対面コミュニケーションスキルを習得する3つのステップ

  1. Web面接と対面面接の違いを理解する
  2. Web面接と対面面接の共通点を理解する
  3. 【重要】Web面接攻略のスキルを抑えよう

Web面接と対面面接の違い抑えよう

  • 会話のタイムラグを意識する
  • 目線が合っていない事を知る
Web面接は会話にタイムラグが生まれる

これは、どんなにスムーズなWeb面接ツールであっても必ず起こります。

対面面接では、会話の重なりは多少許容されますが、Web面接ではそうはいきません。

相手が話をしているときに、あなたが話をするとごちゃごちゃした雑音に変わります。

頭に入れておきましょう。

目線がっていない事を知っておこう

これも解決できない違いです。

あなたは画面で相手の目を見ているつもりでも、相手には下を向いているように見えています。

これは意識しておかないと相手に悪い印象を与えてしまいます。

システム的な問題ですが、あなたの印象をよりよくするためには抑えておくべき違いです。

Web面接と対面面接の共通を抑えよう

  • 面接で聞かれる内容は同じである
  • 面接官はあなたの事が知りたい
面接であることは変わりない

Web面接であれ、対面面接であれ会社が面接でききたい内容に変更はありません。

つまり、面接中にきかれる内容は『同じ』です。

なので、Web面接で重要なのはWeb面接が始まる前までの準備とちょっとした意識だけです。

あなたのいきたい会社である事、あなたのIT環境整備やデバイスの設置場所など事前準備を徹底しておく事が重要です。

その為にも、何度も友人や家族とツールを使ってコミュニケーションを取っておきましょう。

慣れていることは、本当にWeb面談では有利です。

無事接続できれば、面接の内容は変わりませんので安心して面接を受けましょう。

重要Web面接攻略の4つのスキル

  • 目を見るのではなくカメラをみよう
  • 相手が話し終わるまでまず『聴く』こと
  • あなたの話は『結論』から話をしよう
  • できるだけ簡潔に伝えよう

違いや共通点を理解した上で、スキルを紹介します。

筆者が『テレワーク』や今までのWeb面接で培ったスキルになりますので、参考にしてください。

相手の目ではなくカメラを見ること

あなたは常にカメラを見て『聴く』『話す』を行いましょう。

相手には、真っ直ぐ目を見ているように見えています。

印象が圧倒的に良くなります。

相手が話し終わるまで『聴く』事に徹する

相手の話は最後までとにかく聞きましょう。

最後の最後まで話が終わってから、あなたが話しましょう。

食い気味に話をするとただの『雑音』に変わります。

話をする時は『結論』から話をする

面接では必須のスキルですが、Web面接では特に重要です。

質問に対する答えや結論から必ず話してください。

Web面接でダラダラと話をするとより印象が悪くなります。

全て簡潔に答える事が会話のリズムを作る

結論や答えから話をする事に似ていますが、会えて簡潔に答えて相手に主導権を渡してみましょう。

ちょっとだけ難易度は高くなりますが、あえて結論だけを答えて『間』を取りましょう。

すると、相手は『具体的に事例はありますか?』など質問をしてくれます。

Web面接では、この会話のキャッチボールがコミュニケーションのリズムを生みます。

是非意識してみてください。

Web面接で大切なたった1つのマナー2つの注意点

  • Web面接ツールから通話形式か会議形式か判断しよう
  • 【注意点】通話形式はオンタイムで開始する
  • 【注意点】会議形式は5分前に接続しスタンバイする

対面面接と違うWeb面接特有のマナーは、ひとつだけです。

注意点と一緒にみていきましょう。

マナーWeb面接ツールに応じた面接開始時のタイミングが重要

  • 通話形式のWeb面接ツール
  • 会議形式のWeb面接ツール

大きく分けて2つの形式に分類されます。

そして、この2つの形式から面接開始時のマナーが変わりますので注意が必要です。

しっかりWeb面接のツールを見極めて失礼のないように面接を始められるようにしましょう。

通話形式代表的なWeb面接ツール

LINEテレビ電話やFaceTimeなどが挙げられます。

つまり、どちらかが通話発信する事でWeb面談が開始されるツールです。

この場合は、どちらが電話をかけるのかを明確にしておく事が重要です。

注意点通話形式はオンタイムで面接開始

通話形式は、定刻に発信もしくは受信することが重要です。

5分前などに発信すると失礼になりますので、確認しましょう。

終了後は、勿論相手が切るまで待ちましょう。

会議形式の代表的なWeb面接ツール

SkypeやZOOMなどは会議形式のツールになります。

オンラインの会議室が作成されており、その会議室にお互いが入る事でWeb面接が行われます。

この場合は、相手より先に接続し、会議室でマイクをオフにして待っておきましょう。

注意点会議形式は5分前から接続しスタンバイ

相手より早く接続し、マイクをオフにして待機しておきましょう。

相手より遅いと印象が悪くなる恐れがあります。

なお、この形式はマイクをオフにして待機しますので、相手の接続を確認次第マイクはオンにしましょう。

終了後は、相手が退出するまで待ちましょう。

この記事が気に入ったらFollowしよう

就職活動Latest articles in category

NO IMAGE

このサイトが気に入ったらフォローしよう

ちょっとだけ人生を豊かにする就職活動

CTR IMG